ビジネス

未経験からWebディレクターになりたい人が知っておくべき5つの知識/経験者がお教えます

Webディレクター経験者が教えます。Webディレクターになりたい人が身につけるべき5つのスキル【初級編】

どーも。すあんです。今日も模索してます🙂

アナタは
Webディレクター、Web制作ディレクターというお仕事について、
聞いたことはありますか?

  • Web制作の仕事について興味がある。
  • Webサイトのディレクターってそもそも何やる仕事?
  • Webディレクターに転職したいけど覚えれば良いことって何?

こんな疑問を持っている方に
僕の経験を交えて
Webディレクター、Webサイトの制作のディレクションとは
どんな仕事なのかをお伝えしますね☺

この記事が参考になりそうな人はこんな人

Webディレクターの仕事に転職したい人、興味がある人。
Webデザイナー、HTMLコーダー、Webライター、
などの別の職種からWebディレクターになりたいと思っているけど、
何を勉強すれば良いかわからない人。

■Webディレクターとは一言で言えば”監督”です

■Webディレクターとは一言で言えば"監督役"です

Webディレクター(Webサイト制作ディレクター)とは、
一言で言えば、監督です。

例えば映画監督を思い浮かべてください。

  • シナリオライター
  • カメラマン
  • 大道具、小道具
  • 役者
  • …etc

映画の製作には
いろんな役割の人が参加しますよね。

でも、
映画監督自身がシナリオ書いて、
カメラで撮影して、セット作って、演技して…
ということは、ほぼ無いでしょう。
(自主制作映画だとそういうこともあるでしょうけどね…笑)

多くの場合は、
専門職の人に担当させて、
監督は全体の仕上がりを調整する。

それも、与えられた予算の中で。

いい作品ができて売れれば
「あの監督はスゴイね!」
と称賛されますが、
売れなければ…お察しです。苦笑。

Webサイトの制作も似ています。

  • Webライター…Webサイト制作時の文章の原稿作成する人
  • Webデザイナー … ビジュアル面のデザインを作る人
  • Webコーダー … HTMLと呼ばれるWebサイトのコードを書く人
  • Webサーバ管理者 … Webサイトが格納されるサーバを管理する人
  • Webプログラマ … お問合せフォームやショッピングカートなどのシステムを作る人
  • …etc

などのように、
それぞれの専門職の人に業務を担当させ、
自分自身は全体の仕上がりや進行を調整するのが基本。

各担当の作業内容の概要は知っていても、
実際に制作作業そのものに
ディレクターが携わるケースは多くはありません。

<!注意>
会社の規模や体制にもよりますが、
大手ほど、分業が進み、極端な場合だと
ディレクターが制作業務について
ほとんど知識がない場合もあるようです。
逆に中小規模の会社だとWebディレクターが作業の一部を
兼任する場合も多々あります。

作ったものが売れるか売れないか。
できた作品、制作物の品質が
良いか、悪いか。

  • 「ビジュアルや文章のセンスなどの感覚的な評価ポイントがある」
  • 「世の中に出してみないとウケるか最終的にはわからない」
  • 「マーケティングの知識があると追加点が取れるかも」

などの点でも
映画監督と似ていますね。

■で、監督役のWebサイトの制作ディレクターが知っておくと良いことって何?

で、監督役のWebサイトの制作ディレクターが知っておくと良いことって何?

で、監督役のWebディレクターが
知っておくと良いことって結局何ですか?
というところですが、

ぶっちゃけたところ、
突き詰めればキリが無い、というレベルで多岐に渡ります。
…が、今回は「初級編」として、

最低限、これだけは覚えておくと良いよ!
というポイントをお伝えします。

1.HTML(Hyper Text Markup Language)の知識


HTMLと呼ばれる記述言語の知識は必須事項です。

HTMLとは
Webページを構成する記述言語です。
誤解されやすいですが
HTMLはプログラミング言語ではありません。
似て非なるものです。

アナタが見ているWebサイトのページは
基本的にはすべて
このHTMLで構築されています。

パソコンで見てる方は
試しにこのページで
マウスの右クリックを押して、
「ページのソースを表示」を選択してみてください。

アルファベットがずらずらと並び、
英語のような英語でないような記号が
羅列されているのが分かると思います。

それがHTMLのソースコードです。
全体を暗記しておく必要はありません。
大まかに書いてあることがわかればOK.

細かいことは省略しますが、
このページと同じページを作ろうと思ったら
1行目から最後の行まで
同じコードを書けば良いわけです。
(実際にそれだけではダメですが)

最近では小学校や中学校の授業で
HTMLを教えてたりするらしいので、
知ってる人も多いかもしれませんね。

2.Webサイトが表示される仕組み(Webサーバ)

サーバ、という言葉も最近は
耳にすることも多いかもしれませんね。

これは言葉にするより
図解したほうがわかりやすいでしょう。

アナタが見ているWebページも
世界のどこかに在る
サーバの中に格納されているのです。

もちろん、この僕のブログのページもそうです。

ページが格納されている見に行くと、
Webサーバがページを見せてくれる。

だからWebサーバが停止すれば
Webサイトも見れなくなるわけです。

映画の話で言えば
映画館みたいなものでしょうかね。

3.デザインとコンテンツの制作について

これもよく勘違いされますが、
良いデザインとは
「芸術性があっておしゃれなもの」…ではありません。

「アート(芸術)」ではなく「デザイン(意匠)」ということ。

説明が難しいところですが
いわゆる製品としてのデザイン(プロダクトデザイン)の業務は
芸術的な才能(アーティスティックな才能)より、
いかにしてターゲットとしているユーザーに届く、刺さる
ビジュアルが作れるかが勝負。

センスの良し悪しよりもエンドユーザーに売れるかどうか。
(程度にも寄りますが)

映画の場合は
むしろ芸術的才能やセンスのほうが
問われるように思いますが、
少なくともWebサイトのデザインではアートではなく、
マーケット、ユーザーが優先されるように思います。
(これも時と場合に寄りますが…)

デザインもコンテンツもセンスより"ユーザーに向ける"
デザインもコンテンツもセンスより”ユーザーに向ける”

ビジュアル面だけでなく、
コンテンツ(ページの内容)も重要です。

すなわち、文章を始め、
Webサイト全体をどのような構成にするか。

「本」だと思えばわかりやすいでしょうね。
どんな章立てにして、
どんな内容と文章にするか。

これもデザインと同じで、
小説のような文章ではなく、
ターゲットとするユーザーへ刺さる、届く内容や、言葉は何か。
それが重要になります。

デザイン、文章、コンテンツの制作は
どんな状況でも使える
決まった正解パターンは無いので、
試行錯誤の蓄積で見つけていくしかありません。

「正解がないものを”正解であるはず”と仮定してカタチにする」

とでもいいましょうか。
未来予測に近い作業。

ディレクター、監督の仕事とは
そういう誰も正解がわからない、
カタチになっていないものをカタチにする。

しかもそれを、自分の手で作るのではなく、
専門職の人に意図だけ伝えて作ってもらう

とても創造的な仕事だと改めて思います。

Webディレクターの仕事は創造的ですね

最近はAIとビッグデータを活用して
「売れるWebサイト」「結果が出るWebサイト」の
“勝ちパターン”を見つける取り組みもあるようです。

アクセス解析を自動で行う人工知能「AIアナリスト」- サイト分析サービス https://wacul-ai.com/

これを練習するとしたら
好きな会社や製品のWebサイトを
研究することですね。

どんなページがあるのか?
そのページはどんな内容になっているのか?
似たような製品であるコンテンツとないコンテンツは何か?

など、「すでにあるもの」から学ぶのが近道だと思います。
…近道といえど、
地味で大変な作業にはなるでしょうけども…(^^;)

4.スケジュール管理能力

制作の依頼を受けたら
クライアントの希望する公開日(納期)までに
制作物を完成させないといけません。

制作工程は会社によって違うと思いますが
だいたいこんな感じでしょう。

お客さんと打ち合わせ
デザイナー、ライターに指示、依頼
仕上がり確認、顧客確認
コーダーにコーディング作業指示
仕上がり確認
顧客と最終確認と調整
サーバにアップロード、公開

各セクションの担当者に
いつまでに何を作っておいて欲しいのか。

ディレクターが管理、調整します。
地味ですが重要なところです。

デザイナーやライターも
1件だけ担当しているケースは稀。
複数の案件を1日の中でどれをどれくらいやるか
予定を立てて作業しています。

遅れることもあれば、
ヘタすると担当を忘れてることもあります。
人間なのでしょうがないのです。
なにしろディレクター側が
忘れることだってありますから。

デザイナーには○日までにデザインを上げてもらう。
ライターには○日まで文章を作成してもらう。
その後コーダーにコーディング作業を○日までに作業してもらって、
○日にサーバ管理者にデータをアップロードしてもらう。
○日にお客さんと最終確認。

締め切りから逆算して
期日を細かく設定する必要があります。

予定を立てるときの注意として、
絶対に、ギリギリで予定を立ててはいけません。笑

基本的に制作が予定通りスムーズに進行するケースのほうが
少ないと思ってください。
多少の修正、リテイクや追加は発生します。

最初の打ち合わせで
内容が固まってないと
後で迷走するリスクがぐんと高まります。

なるべく早い段階で
細かいところまで内容を固めたほうが
良いですね。

5.打ち合わせ、ヒアリングなどの交渉、折衝力

打ち合わせ、ヒアリングなどの交渉、折衝力はWebディレクターにとって最も重要な力かも

監督役である
Webサイト制作ディレクターにとって、
これが一番重要な力になるかもしれません。

監督役が一番つらいのは
すべてのポジションの間に立ち、
調整や交渉をしないといけないところだと
個人的には思います。

デザイナーやライターなどの制作サイドと、
クライアント側の板挟みになるシーンが多いからです。

  • クライアント側…こういうデザインが好きだから、コレにして!
  • 制作陣…今はこういうデザインのほうがウケる。コレで行きましょう!

しかし、監督はアナタ。
ここでも映画監督を例えに出すと、

  • 配給会社…こう言うのが売れるだろうから似たの作って!
  • 製作陣…僕たちはこういうのが作りたい!

実際はこんな単純ではないと思いますが、
シンプルにすると要するにコレです。

ただ、どちらにも言えることは
「何がウケるのかは世に出してみるまでは最終的にはわからない」
ということ。

そしてウケなかったら監督である
ディレクターの責任。
逆にウケたら
「さすがだね、よくやってくれた!」
「あのディレクターは良い腕してる!」
みたいに褒めてもらえるかもしれません。笑

でも、調子に乗って天狗になると
そのうち誰も
話を聞いてくれなくなるので注意ですよ。笑

当然ですが、
うまくいっても、いかなくても、
関係者の誰かから
憎まれないといけない場面があるので
その覚悟が必要です。

残念ですが
全員に好かれようとすると、
制作自体が頓挫するか、
もしくは誰も見向きもしないような
質の悪いWebサイトになることが多いですね。
悲しいですが…(^^;)

■僕の過去のディレクター経験から5つをピックアップしました

僕の過去のディレクター経験から5つをピックアップしました

上の5つの力は、
過去に僕がコーダーなどの
制作者側として携わったり、
ディレクター職になった後での経験や、
同僚や知り合いのWeb制作ディレクターから聞いた話を元に、
ピックアップしてみました。

担当した案件の規模は、
名刺代わりの5ページで20万円くらいのものから、
30ページくらいで150万、
システム込で数百万円、という規模のものまで様々です。

かなり前ですがFlashコンテンツだけで
150万円くらいのもありましたね。笑
(このときはディレクター兼制作者でしたが)

他の会社のWeb制作ディレクターも
大きくずれてはいないと思います。

過去に働いていた職場では
デザイナーやコーダーなどの制作部署の人がメインで、
クライアントとの折衝や、全体のスケジュール管理をする人が
上司(というか当時の勤め先の社長)一人しかいなかったので、
さすがに一人では回らない、となって
僕がディレクター職を兼任で
担当することになったりしました。

その後転職した次の職場では
比較的分業化されていて、
専任のWebディレクター職の人が
何人かいて、
それぞれ、常に8~10件弱くらいの案件を
担当していましたね。

その職場では全員が案件に追われて、
僕も含めて毎日遅くまで働いていた印象です。
今はどうなのかな…(^^;)

一人が担当する案件の目安としては、
僕の個人的な感触で言うと
受け持ちが7件か8件くらいを回してる感じだと
まあじっくり案件に集中できるんじゃないかなーと思います。

ただこればかりは
案件の特性や向き不向きもありますし、
会社の事情なんかもありますから
「時と場合と人による」という
身も蓋もない目安ですね(^^;)

■これがツライ!Web制作ディレクターの大変なところ

これがツライ!Web制作ディレクターの大変なところ

Webディレクターの大変なところも
紹介しましょう(^^;)

顧客と制作サイドとの板挟み

この前の段でもちょっと書きましたが、
依頼主側と制作サイドとの板挟み
になります。

制作サイドの希望と依頼主の希望とが
衝突することもあれば、
ディレクターがやりたいこともあったり。

そして
忘れてはいけないのが
市場で受け入れられるかどうか
という視点も必要なため、
全体のバランスをどこで取るか?
が重要になってきます。

「バランスを取る」
と言いましたが、ようするに

「誰かに泣いてもらう」
「誰かに嫌われる」
「誰かに怒られる」

のを覚悟しないといけません。
これ結構ツライです…。(^^;

それでもできた制作物、
作品が世に出て評価されたり、
結果が出れば報われますし、
泣いてくれた人に
「アナタのおかげだ、ありがとう」と言えますが、
押し切った挙げ句に結果も出なければ、
ディレクターは社内でも叩かれることになります。
ツライ。苦笑。

制作物を見せたときの顧客の反応が悪い

制作物を見せたときの顧客の反応が悪い
「ダサいから作り直して」「え?!(゚Д゚;)」みたいな。笑

制作陣も良いものを仕上げてくれて、
ディレクターとしての自分も、
自信を持ってみせられる物ができた。

意気揚々とお客さんに見せて、
「良いのができました!きっと気に入ってくれますよ!」
と言っていざ見せてみたら
「…ごめん、イメージと違うから変えてほしいんだけど…」
と言われてしまって、ショックを受ける。

もっとひどい場合は
「ダサいから全部直して」
と言われることもあります。。笑

…僕自身も書いてて、
イヤーな感情がこみ上げてきました。笑

どんなに綿密に打ち合わせしても、
どんなにすり合わせや確認をしても、
こういうことって起こるのです。

TVやTwitterなどのSNSで、
スベった広告に文句言ってたり、
悪く言っていたりするのを見たことはありませんか?

あれは世に出たあとですが、
クライアントとの打ち合わせの段階で
起きることもある、というわけですね。

たぶん、
世の中の広告代理店の担当者は
多かれ少なかれ経験してるのではないかと。

もちろん僕もあります。
「これ、なんでこうしたの?」
「このデザインにした理由は?」
「なんかイメージと違うんだよね」
など。

あー、ザワザワする。笑

こうなった後は
リカバリ対応に追われ、
リテイクを食らう
制作陣のテンションも下がり、
お客さんとの打ち合わせも難航しやすい…という。

事前の打ち合わせで何が足りなかったかなど、
振り返りをして次に活かしましょうね(^^;)

制作陣もお客さんも喜んでる。でも成果につながらない…

制作陣もお客さんも喜んでる。でも成果につながらない…

制作陣も良いの作ってくれた、
そしてお客さんも納得、
「よし、サーバにアップして、世に送り出すぞ!」
として無事制作完了、公開完了、納品となりました。

めでたしめでたし。

…とはならないのがWebサイト制作。
Webサイト制作は
一昔前までは作るだけで良かったのですが、
今は何らかの目標達成が課されていることが多いです。

  • Webサイトで自社製品を販売
  • Webサイトからお問い合わせの獲得
  • Webサイトで自社の認知拡大

など。
最近だと自社のアイデンティティーを
顧客、取引先、社内、そして社会全体に知ってもらう
「自社のブランド確立」
なんていうのも指標になったりします。

作ったは良いけど、
アクセスもない、お問い合わせもない、
購入者も現れない。

たまにお問い合わせがあったと思ったら、
「ホームページを新しくしませんか?」という営業だった…。
みたいな。
冗談でも笑えない状況になったりすることもあります。

広告、宣伝媒体なので
成果を保証するものではないとしても、
コレもなかなかツライ…(^^;)

■他のWeb制作の仕事との違い

他のWeb制作の仕事との違い

Webサイト制作に関連して
デザイナー、コーダー、ライター、またはサーバ管理など、
制作作業に集中する仕事もあれば、
サーバ管理などの裏方の仕事もありますが、
ディレクターは
「お客さんと直接やり取りする機会がメイン」になります。

これをストレスと感じるか、楽しいと感じるかは
人それぞれ。

ずっと制作サイドで作業ばかりしていた人が
たまたま打ち合わせに同席したところ、
めきめきとディレクターとしての才能を
開花させ、そのままディレクター職に落ち着く、
なんていうケースもあります。

なお、
どっちも経験してわかりましたが、
僕は作業に集中している方が
向いているようです(^^;)

■未経験の人でもWeb制作ディレクターになれるの?

未経験の人でもWeb制作ディレクターになれるの?

Web制作業界未経験でも
Webディレクターになれるか、なれないか、で言うと
僕個人の見解としては

「未経験でもWebディレクターになるのは可能。ただし勉強は必要、そして20代までと思ったほうが良い」

上で示したような
5つのポイントを自分でも勉強する、
スクールに通って勉強する、
などで意欲を示せば、
未経験からでもWebディレクター職への転職は不可能ではないと思います。

Webに関することをどれだけ勉強して、
Webサイト制作で何をしたいのか?
なぜWebディレクターになりたいか?
その理由が
しっかり言えれば未経験でも
採用してもらえる会社はあります。

ただ、年齢が上がれば上がるほど、
厳しくなりますので、
その点は注意。

率直に言いますが未経験なら
20代までと思ったほうが良いです。
業界経験者なら30代でも可能だと思います。

未経験の方は独学よりも
先行投資と思ってスクールに通ったほうが良いでしょうね。
やみくもに勉強しても
時間効率も習得度合いも悪いです。

他にもし、
転職できる可能性が高いとすれば、
無形商材の営業をやっていた経験がある人
は未経験でも経験を活かしやすいかもしれません。
(コンサルタント業など)

Webサイトも作るときは
無形商材(カタチがない商品)ですからね。

■Webディレクターに年収やお仕事のデータ

Webディレクターに年収やお仕事のデータ

参考までに
Webディレクター年収のデータをご紹介します。

DODAさんの統計データによりますと、
Webプロデューサー/ディレクター の平均年収は下記

446 万円 (※2019年調べ)

とのことです。
Webデザイナー が347万円なので一段年収が上がりますね。

ディレクター職と制作職の
どっちが良いか悪いかの話ではなく、
年収は単純に転職市場での
希少性や需要によるものだと思います。

(参考情報)
平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならdoda(デューダ) https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_09

https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_09

また厚生労働省に
Webディレクターとは
どんな仕事か、何をやるのか、
ということが
規定されているページもありました。

だいたい、この記事と一致しているようです。
良かった(^^;)

改めて、
行政がどのように分類しているかを
知っておくのも良いと思いますね。

■まとめ: Webディレクターは大変だけどキャリアアップにも繋がるやりがいあるお仕事

Webディレクターは大変だけど、やりがいとキャリアアップにも繋がりやすいと思います
一人で転職するのは大変。転職エージェントの手を借りよう

というわけで、
Webディレクターになりたい人が身につけるべき5つのスキル【初級編】
でした。

デザイナー、ライター、コーダーなどの
制作に集中する仕事も楽しさはありますし、
向き不向きもあると思いますが、
ディレクターはディレクターで楽しさがあります。

特にお客さんと直接話し合って、
良いものを一緒に作り上げていくような関係で関われると、
とても仕事が楽しく感じられると思います。

さらに作ったWebサイトで
売上が増えたり、
お客さんの業務が効率化されたりするなど、
結果にもつながったりすると本当に最高!ですね。

で、こういう良い制作例が
自分の経験として
蓄積されるとどうなるかと言うと、

  • 実績をもとに会社に給与、待遇交渉する
  • フリーランスとして独立する
  • もっと大きい案件をやるために転職する

という展望も見えてきます。

制作に集中したい人はともかく、
制作経験を元にキャリアアップを目指したい場合は
Web制作ディレクターに挑戦するのもアリだと思います。

■Webディレクターになるために転職エージェントを使うのもアリ

もしWebディレクターの仕事に興味が湧いて、
転職してみたいと思う人がいたら、
パーソルキャリアさんやリクルートキャリアさんなどの
大手転職サイトでも良いと思いますが、

Web制作関連の職種に特化した
転職エージェントがあり、

それがこちらのマスメディアンさんです。

運営元は
宣伝会議」さんという広告宣伝の企業としては老舗の会社さんです。
(宣伝会議オンライン https://www.sendenkaigi.com/

僕も実際登録しましたが
大手さんとはちょっと違う求人情報があったりして、
なかなか面白いですよ😊

Webデザイナー、Webライター、Webコーダーなど
Web業界でお仕事をしていて
キャリアアップを考えている人。

または他業種でもWebが好きで営業職などの経験がある人。
Webディレクターを目指してみるのはいかがでしょうか。

もしかしたら今よりも
年収もスキルもアップできちゃうかもです(^^)

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加