技術

外出先からスマホで、自宅や会社のパソコンを遠隔操作!Google Chrome リモートデスクトップ

外出先からiPhone/iPadで家のパソコンをリモート操作!Google remote(無料!)

アナタは
「家の外から自宅のパソコンを操作したい!」
と思ったことはありませんか?

旅行先や、実家への帰省、
それ以外にもたまたま外に出た時に

  • 自宅のパソコンの中のあのデータ、今ちょっとだけ見たいな…
  • 帰宅する前に外から自宅のPCのソフトウェアのアップデートとか済ませておきたい
  • 両親のためにパソコンをメンテしたあげたいけど帰省する時間が取れない

なんてふうに、
ガッツリ触らなくても良いから、

「出先からパソコンちょっとだけ触りたい」

ということってあると思います。

そんなアナタに朗報(^^)
Google Chrome リモートデスクトップ(無料)をぜひご利用ください。笑

この記事が参考になりそうな人はこんな人

・外出先や旅行先からスマートフォン、タブレットで自宅のPCを操作したい
・年を取った実家の両親のパソコンを自分が代わりに操作したい
・会社のPCを自宅から操作したい(※取り扱い注意!)

外出先から遠隔で自宅や会社のパソコンを操作できる!

Google Chrome リモートデスクトップ(Googleリモート)は
カンタンにいえば
外出先からiPhoneなどの
スマートフォンやタブレットから
自宅や会社のパソコンを操作するためのアプリです。

  • 外出先:スマートフォンorタブレット → 自宅:パソコン
  • 自宅: スマートフォンorタブレット  → 実家:パソコン

みたいな感じに操作が可能です。

Google Chrome リモートデスクトップのイメージ

google remoteのイメージ

パソコンはWindowsでもMacでも、
Webブラウザの
Google ChromeをインストールしておけばOK。

僕はiPhoneから自宅や実家のWindowsPCの操作が
できることを確認しています。

というか、
スマートフォンとコンピュータの双方で
Google Chromeが使えればそれだけでOK!
なので
iPhone→Mac、iPhone→WindowsPC、Android→Mac/Windowsなど、
端末側の環境はほとんど影響なしに使用できると思います。

利用料は通信費以外は無料。

通信や、機材の環境と、
あとは会社で使う場合は
会社の規定(コンプライアンス)に問題なければ
自宅から会社のパソコンを操作することもOKだと思います。
(会社の規定と、システム管理者には必ず確認してくださいね!)

設定方法と前提条件

google remoteの設定方法

設定方法をすごく簡単にまとめると

  1. 自宅や会社のパソコンのGoogle Chromeブラウザに拡張機能で「Google Chromeリモートデスクトップ」をインストール
  2. スマートフォンに「Google Chromeリモートデスクトップ」アプリをインストールして起動。ログインする

では細かく手順を見ていきましょう。
設定の前にこの2つはやっておいてくださいね。

  • Google アカウントの取得
  • リモート操作したいパソコンにGoogle Chromeをインストール

このGoogleアカウトの取得と、
Google Chromeのインストールのやり方は
さすがに、ほとんどの人が済ませていると思いますので
この記事では省略します(^^;)

一応下記リンク紹介しておきますね。

あと、この記事では
「Windowsパソコンを外出先からiPhoneで操作」
を前提に進めますが、
パソコンはMacでも使用できますし、
スマートフォンはAndroidでも多分大丈夫です。

まず自分のパソコンをリモート操作可能にする

Google Chromeをインストールしたら
Googe remote」で検索しましょう。それで出てきます。

Googe Chrome リモートデスクトップ は
Chromeの拡張機能として追加します。

「Googe remote」を検索しましょう。

「Chromeに追加」しましょう。

「Chromeに追加」しましょう。

「Google remote desktopを追加しますか?」
と聞かれますので「拡張機能を追加」OKをクリック

google remoteの設定方法

ダウンロードが始まります。

ダウンロードが始まります。

Google Chromeに
拡張機能が追加されると
右上にGoogle remote desktopのアイコンが追加されます。

アイコンをクリックしてください。

追加された拡張機能 Google remoteをクリックします

Google リモートデスクトップが立ち上がります。

Google remote リモートデスクトップが立ち上がります。

リモートアクセスの設定で「オンにする」を選択。

そうするとPINコード
(接続時のパスワード)の入力を
求められますので入力しましょう。

PINコード(接続時のパスワード)を設定しましょう。

そして、起動をクリックしてください。

Google remoteを起動

そうすると「起動しています…」の表示になり、
しばらく時間が経過すると
「オンライン」の表記に変わると思います。

オンライン状態になります

時間が経っても変わらない場合は
一度Chromeを立ち上げ直した方が良いかもしれません。

オンラインになりました。

パソコン側の設定はここまでです。

次はスマートフォン側です。

Google remoteアプリをiPhone、iPadにインストールする

iPhoneアプリを検索しましょう。
「Google remote」で検索します。

iPhoneアプリ「Google remote」を検索しましょう。

すぐにヒットすると思います。
インストールしてください。

google remoteアプリをインストールしましょう

インストールしたら起動してください。
Googleのアカウント入力してログイン、
そうすると使用できるパソコンが表示されます。

chrome リモートデスクトップが立ち上がります。

つなぎたいパソコンを選択してタップ。
そうするとPINコードを聞かれます。

さっき設定したPINコードを入力

先程パソコン側で設定したPINコードを入力します。

スマートフォンの画面にPCのデスクトップが表示されました。

無事、スマートフォンから
自宅のパソコンに繋がりました(^^)

Google chrome リモートデスクトップの良いところ3つ

Google remoteの良いところ3つ

前々から僕は「自宅のパソコンを、外からリモートで操作出来たら良いのになあ…」

と思っていました。
Googleのアカウントとスマートフォンさえあれば
リモート操作できる手軽さが良いですよね。

無料です!

一つ目は無料で使用出来ること。

「パソコンを出先から操作する」
なんて聞くだけだと
「機材とかソフトとか、導入費用高そう…」
と思われますが、通信費はかかりますが、
利用料は無料です。
素晴らしい(^^)

導入かんたん!

下準備はちょっと手間ですが、

  • Google アカウントの取得
  • リモート操作したいパソコンにGoogle Chromeをインストール
  • iPhone、iPadにGoogle remoteのアプリをインストール

これだけで基本はOK。

パソコンにちょっと詳しい人がいれば
設定はそれほど難しくはありません。

Google アカウントの取得や
Google Chromeのインストールでつまづく人は
そもそもで出先から
リモート操作したいと思うような人では
無いと思いますし。

環境にほとんど依存しないで使える

前述の通り、パソコンはWindowsでもMacでも、
Webブラウザの
Google Chromeをインストールしておけば
リモート操作ができると思います。

スマートフォンとコンピュータの双方で
Google Chromeが使えればそれだけで準備OKという手軽さ。

iPhone→Mac、iPhone→WindowsPC、Android→Mac/Windowsなど、
Google Chromeがインストールできれば
PC側、端末側の環境はほとんど依存しないで使えるはず。

さすがに多少は操作にモタつきはありますが、
それほど気にならないと思います。

逆に気をつけること3つ

逆に気をつけること3つ

当然ですが
万能ではありません。
気をつけることもあります。

操作したいパソコンが実家の両親のパソコンなどの場合は準備が大変

外から操作したいパソコンが
実家の両親のパソコンなどの場合は
設定のハードルが高くなります。

両親がパソコン操作に
慣れていればよいのですが、
そうではない場合厳しいかも。

Google Chromeだの、
リモート、遠隔操作だの言われても、
日本語で言って!」と理解してもらえず、
準備のハードルは高いでしょう。

そういう場合は一度帰省して
対応するしか無いかもしれません。

ちなみに何を隠そう
僕の実家PCはやむを得ず年末に帰省した時に
設定してきました(^^;)

会社のパソコンのリモート操作は通信環境やコンプライアンス的に厳しそう

会社のパソコンも
条件さえ満たせば
Google chrome リモートデスクトップで
遠隔操作できます。

しかし会社のパソコンをリモートで操作するのは
色々ハードルが高いと思います。

まず、会社の場合、
ファイヤーウォールや接続端末の制限など、
IT機器、通信機器のハード、ソフトの両面で
制約があると思います。

問題ないケースも有ると思いますが、
制限が無いとは言い切れません。

それから法令的な制限もあるでしょう。
個人情報保護、機密情報保護など
コンプライアンスの観点から
OKをもらうのは難しいかもしれません。

無許可で上長や会社に報告なしで
勝手にやるのはやめましょうね(^^;)

操作したいパソコンの電源がOFF、スリープ状態の時はお手上げ

パソコンが電源入っていない状態だったり
スリープの状態だったりすると
操作を受け付けてくれませんので、
これもアウトです。

誰かか、または自分で電源を
ONにしに行く必要があります。

スリープもダメなので、
リモート操作するパソコンは
スリープ設定を解除しておきましょう。

まとめ:出先から自宅のパソコンを操作するならGoogle Chrome リモートデスクトップ!

まとめ:出先から自宅のパソコンを操作するならGoogle remoteオススメです!

Google remote
個人的に重宝しています。

自宅のPCの電源を常にONにないといけないのが
少々難点ではありますが、
それを超えるメリットが有るのではないかと。

僕が助かってるシーンとしてはこんな感じですね。

  • 外出先からちょっとだけパソコン内のデータみたい
  • 帰宅前にアップデートとか終わらせておきたい
  • 実家のパソコンを両親の代わりに操作したい

年末に帰省した際、
実家の両親のパソコンも設定しておいたので
リモート操作OKになりました。

いざというときがきても安心です。(^^)

在宅ワーク(テレワーク)の切り札になるかも。

Google remoteはだいぶ前から
僕個人としても
「これ、いいじゃん!便利だ!」と思っていて、
いつか記事にして紹介しようとは思っていました。

ただ、まさか世の中がこんな状況
(2020年4月
新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
になるなんて、思っておらず…。(- -;)

自宅待機、外出自粛、そして、
在宅ワーク(リモートワーク、テレワーク)などの
世の中の動きもあり
ここに来て急激に
リモートで働くニーズが高まっているようです。

外出自粛、在宅勤務推奨で、
出社するのも難しい…
でも会社のパソコンは動かせない。

という場合、もしかしたら
Google Chrome リモートデスクトップが切り札
になることもあるのでは…
と思いました。

この記事と、
Google Chrome リモートデスクトップが
少しでも誰かの助けになればと思います。

この記事を読んでくれたアナタも、
アナタのご家族も、
身近な人達も。
体調管理にはどうかどうか
十分にご注意くださいね。

みんなでこの危機を乗り越えましょう!👍

関連記事

テレワークの良いところ、
困るところ、あったら良いものについても、
記事を書いてみました。
参考までにご覧いただけると嬉しいです(^^)

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加