もさく雑記

【雑記】トラブルや失敗で落ち込んだり、不安になったり。でも別の視点から見ると?

画像:レンズの中に逆さの自分

こんばんは!
すあんです!
今日も模索していきます🙂

アナタは職場やプライベートで
トラブルにあったり、
失敗してしまった時、
どんなふうに感じますか?

「ああ、またトラブルか…」
「しまった、またやってしまった…」

と落ち込んでしまう人も
多いのではないでしょうか。

安心してください。
僕もそうです。笑

最近になって、
ようやく失敗や間違いが起きても
受け止める余裕が出てきました。
…もうすぐ40歳です。笑

画像:ソファで悩む男性

で、
トラブルや失敗などの
マイナスの要素を冷静に受け止めて、
前向きに捉えるためにどうするか?

今日はそんなものの捉え方の
お話をしたいと思います。

■まずは受け止める。

まずはマイナスの要素を
冷静に受け止めましょう。
受け止める時は

長い時間引きずらない
人格とは切り離して考える

を意識しましょう。

トラブルや失敗を長い時間引きずらない

とにかく落ち込んだり、反省するときは、

落ち込む時間を決める
紙に書き出してみる

などして、できるだけ
ひとつの失敗にとらわれる時間を
減らしましょう。

紙に書くのはおすすめです。
その時の感情や、失敗したこと、次の対策など。
書いてみると、頭が自然に整理されてきます。

書く時は難しく考えず、
思うままでOK。

「○○がイヤだ!」
「□□がきらいだ!」

で最初は良いのです。

注意としては
1回や2回ではだめですからね。
書き出して最初は冷静になれなくても、
続けてみてください。

継続してやるときは手帳や日記帳、
あと僕もオススメ、
メモ用ミニノートを使ってみてくださいね。

画像:ミニノート日記でアウトプットしよう
毎日の”気づき”をメモ。ミニノートでアウトプットしよう。どーも。すあんです。今日も模索中です🙂 あなたは手帳や、日記帳などで 毎日の出来事などをメモしたりしてますか? ...

失敗は人格とは切り離す!

自分の人格とは切り離して
“行動”の反省をしましょうね。

「自分はだめな人間だ…」
じゃなくて、
自分のこの”行動”が良くなかった。次はこうしよう」

と、あくまで反省のフォーカスは”行動”。
自分の性格や、考え方は関係ない。

…関係ある場合も
あるかもしれませんが、
まずは一旦横においてください。笑

でも仮に性格だったとしても、
行動が改善されれば結果も変わるはず。

まずは行動にフォーカスしてください。

画像:川辺で手を組む

■そして、他の視点から見てみる。

他の視点から物事を見てみる。
これも言うのはカンタンですが、
その渦中にいる人にとっては難しいと思います。

別の視点から見るときやってみること。

別の人の視点で見てみる

上司、同僚、友人、家族、過去の偉人や
尊敬する人など、自分以外の立場から見てみる。
漫画、アニメのキャラクターなどの
架空の人物でも良いと思います。

「こんな時、〇〇ならどんなふうに思うかな?」
と。

過去、未来などから見てみる

時間的視点を変えてみる。
例えば過去から見た時、

「昔の自分なら、こんなトラブルに合うことすらなかった。
成長した証なのかもしれない」

とか。
その反対に未来の自分から見た時、

「この経験は将来の自分の○○のために役立つかもしれない」

そんなふうに時間的視点を変えて
考えてみるとまた違った見え方が
できるかもしれません。

場所を変えてみる。

物理的に場所を変えてみる
散歩に出る。カフェに行く。

この時、あまり行ったことがないところなど、
いつもやってないことの方が効果的です。

慣れてる場所より
行ったことのない場所へ旅行してみる。
などが良いでしょう。

そもそも、考えるのを止めてみる

一度、すべて頭から
捨て去るのも良いかもしれません。

この時、
「考えないようにする」
のではなく
「まったく別のことに集中する」
の方が良いです。

人間て”何も考えないようにする”のって
実はかなり難しい。

なので、
別のことに集中すると
自然と眼の前のことに
頭が一杯になって、結果、忘れられます。

画像:指をさす

■違う視点で見て見ると…

そうして別の視点てから見てみたり、
一度完全に頭から追い出してみたりすると、
ある瞬間、別の意味を見出す事ができたりします。

「そうか、これは〇〇のためのチャンスかもしれない」

と思える瞬間。

この時、失敗、トラブルが
自分のレベルアップや経験を得るための
貴重な機会に思えるのではないでしょうか。

僕の場合で言えば、

「そういえばこのトラブル、
去年は全然対応できなかったけど、
今ならなんとかできそう」

「この失敗、前起きた時は、数日落ち込んだけど、
今回は一日で切り替えられた」

とか。
過去の経験と照らし合わせて、
自分の成長を見つけたり、
今後に向けたチャンスと捉えられたり。

失敗やトラブルに違う意味を
見出すことができるのではないでしょうか。

■別の視点で見る練習。例えば…

で、この別の視点で見る能力は
反復練習が必要です。

半年くらい続けてみましょう。
そうでないと、
違う視点から見る感覚が定着しないと思います。
こういうのはホント筋トレに似ています。

一日、二日、筋トレしても
筋肉はつきませんよね。

脳には信号を伝える組織があり、
信号の伝達を強めるには
くり返し同じ刺激を与える必要があるそうな。

“脳筋”という言葉がありますが、
ある意味、
ほんとに脳も筋肉みたいなところがありますね。笑

で、反復練習の仕方ですが、
日常生活のシーンで、
ちょっと練習してみましょう。

日常生活での練習ならこんなかんじ。

通販で服を買ってみたけどイメージと違った…。
→ いままでと違うイメージのファッションに挑戦してみる機会かも!
→ メルカリやヤフオクなどで売却して、「モノを売る」ことを学んでみよう!
怪我をして会社や学校を休むことになってしまった…。
→ 読もうと思っていた本を読む時間が取れる!
→ とにかく思う存分、休める!寝れる!
来週、大事なプレゼンがある。嫌だな…。
→ これがうまくいったら、一段成長できるかもしれない!
→ うまくいかなかったとしても、経験にして次に活かそう!

など。

ひとつ注意ですが、
大事なのはあくまで
自分の成長につながる視点でみることです。

「誰かに見てもらえるはず!」
とか「これやったら良い印象をもってもらえそう!」
というように
他人からの評価を期待すると苦しくなるので注意してくださいね。

画像:海と道の風景

■過去の体験から。

わかり易い例でいえば
職場でのミスや恋愛の失敗などですね。
僕だけじゃなく、
多くの人が一度くらいは
経験あるのではないでしょうか。

苦情対応ならたしかに対応する時は
対応に知恵を絞ったり、
取引先や社内の調整などで負担も大きく、
気が重いだけ、のように思うかもしれません。

ですが、誠実に対応することから
逆に相手や仲間から信頼を得たり、
自分自身の経験にも繋がったりするなど、
良い点もあると僕は思うのです。

恋愛なら
すごく好きになった人が居て
そして想いが叶わなかったとする。

でも、あとになって冷静に考えてみると、
相手の悪いところや、合わないところが
ぽろぽろでてきて、
「あれ?あの時うまく行かなくて実は良かったかも…」

なんて思えたりします。

トラブルや失恋で落ち込んでいる真っ只中は
なかなかそんな風には
思えないかもしれませんが…。笑画像:海辺で立つ女性

■まとめ

というわけで、今日は
物事を捉える時は
一方向からではなく、別の方向からも見てみましょう、
という話でした。

トラブルや失敗にあったとき、

「嫌だな…」
「辛いな…」
「やりたくないな…」

と思ってしまうのは仕方ないと思います。
人間ですから。

そこで終わるのではなく、
失敗やトラブルなどに、
“別の意味”を見つけられると、
人生や生活を
より豊かにできるのではないでしょうか。

それには練習が必要です。

“別の視点”を得るには
ブログ、Twitter、書籍がおすすめです。

僕がオススメなのは
やはりTwitterですね。

合う合わないもあると思いますが、
“速報性”“生の意見”という点で、
書籍やブログよりも率直な意見が見れる気がします。

twitter-2048133_640
Twitter始めて良かったこと。こんにちは。すあんです。今日も良いこと、好きなことを模索します🙂 アナタはTwitterやってますか? 今日はTwi...

失敗やトラブルって起きた時は
ほんとにネガティブな状態になりやすいと思います。

偉そうに言ってる僕だって、
「あー、面倒だー」
と思ってしまうことも多々あります😅

でも、その失敗やトラブル、
もしかしたら今のアナタや、
そして僕にとって、
大切な何かに気づくチャンスかも知れません🙂

 

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加