MENU
もさく雑記

毎日の”気づき”をメモ。ミニノートでアウトプットしよう。

画像:ミニノート日記でアウトプットしよう

どーも。すあんです。今日も模索中です🙂

アナタは手帳や日記帳で
毎日の出来事などをメモしたりしてますか?

  • 気になってたカフェに行ってきた!
  • 友達と旅行に行って楽しかった!

などなど楽しいこともあれば。

  • 仕事しんどい!辞めたい!
  • 職場の人間関係に困った!

みたいにグチの吐き出し先に
なったりすることもあるでしょう(^^;)

どっちにしても、実はメモを書くことって、
アタマとココロの整理に
とてもオススメなんです。

僕もメモ用のノートを持ち歩いて、
ときどきメモを書いています。

書いているうちに頭と心が落ち着いてくるんですよね。

ただ書き出すだけなのに不思議です(^^)

日記やメモに最適!ミニノートのススメ

日記やメモに最適!ミニノートのススメ
日記やメモに最適!ミニノートのススメ

ミニノートのサイズは
書きやすければ何でも良いですが、
オススメは
B6、A5、A6くらいの小さなノートですね。

かさばらないし、小さいので
気軽に、手軽に書く気になる。

広く使えるA4のノートとか、
作りのしっかりした日記帳とかも良いのですが、
なんだか書くのに気合が必要な気がしませんか?笑

手軽に、気軽に、が大事🙂

メモをとる時にいろいろ手法があるみたいですが、
僕としてはいったん、そういう「メモ術」みたいなものは脇に置きましょう。

自分が書きたいように、
自由にメモを書く。

最初はルールなんて要らないと思います。

  • 箇条書きOK!
  • 日記のようにつらつらと書くのもOK!
  • メモの魔力方式みたいに「事実・抽象化・転用」の形式もOK!
  • 手書きでイラスト書いたり、図を書いてもOK!
  • マインドマップみたいにしてもOK!

全部OKです。
ページごとに変えるのだってOK.

自分がやりやすい形式でやりましょう。

だって、このノートは
「アナタのためのノート」ですからね(^^)

書いたことが積み重ねになって
アナタの気づきの蓄積になります。

やがてきっと
点と点がつながって線になる。

すぐに変化や結果が実感できなくても大丈夫。焦らない。

少なくとも、
一つでも点を打たないと
線にはなることはないです。

積み重ねですね。

僕が最近ミニノートのメモを再開したきっかけ

ミニノートのメモを始めたきっかけ
学生時代のミニノート。シャーペンとの対比通りかなり小さいノートでした。

このミニノートのメモ、実は
僕は学生時代につけていました。

でも、社会人になってから
色々忙しくなって辞めてしまっていたんです。

…辞めていたんですが、
最近、また再開しました。

きっかけは、ちょっと前に行ってきた北海道旅行。

【北海道】人生に行き詰まったら、北へ行け!【一人旅】
アラフォー男が疲れた心を癒やしに夏の北海道へ!【一人旅】 どーも。すあんです。今日も模索してます🙂 今日の記事はアラフォー男のひとり旅シリーズです。人生に行き詰まっちゃっ...

この旅行で僕はメモをとることの大切さ、
そしてメリットについて強く再確認しました。

その理由はなんとも
しょーもないきっかけでした。笑

北海道に旅行に行った時、
筆記用具を持参するのを忘れたのです。(^^;)

旅行中の移動時間や、場所、食べたいものなど
いろいろメモを取りたくなって
「ノートとペンがほしい!」と思って
コンビニでノートとペンを購入。

夜にホテルで寝る前に
翌日のルートや、所要時間など、
必要なことのメモを取り、
「明日の予定はこんな感じかな。OK, 終わり!さて、寝るぞー」

・・・と思ってたのですが、
それ以外に旅行中に気づいたことなども
筆が進み、
書いてるうちに、
なんかアタマがスッキリしたのです🙂

その時、
学生時代に自分がミニノートに
メモを取っていたのを思い出し、
「あ、これやっぱり良いな」
と感じました。

考えてることを
ノートに書き出す行為って
それだけで
アタマの中を整理する働きがあるそうですね。

エクスプレッシブ ライティング (筆記開示) ”と言って
科学的にも証明されているみたいです。

「感情を紙に書く」習慣でストレスは減らせる | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/224866

実際、そうやって書き出した文字を見ることで
別の気付きがあったり、
過去の記述と違いを見て、
全く別のアイデアを思いついたり。

書き出してみるとわかることって意外とあります。
書き出すこと(=カタチにして外に出す)で
客観視できるのかもしれません。

スマートフォンのメモアプリではダメなんです。

メモをとるなら紙とペンに勝る道具はない。

「スマートフォンのメモアプリじゃダメなの?」と思ったそこのアナタ。
ダメなんです。メモアプリでは。

「パッと思った時にサッと書く」

これがメモのいちばん大切なポイント。
スマートフォンでは

  1. スリープから復帰
  2. 顔または指紋認証
  3. メモアプリ起動
  4. ぽちぽち入力…

メモアプリだと
ようやく入力をし始めたくらいの時間でも
紙とペンなら書き終えて片付けてるくらいではないでしょうか?

フリック入力や音声入力も試しました。

でも、
やっぱり「紙とペン」の速さ、手軽さには
スマートフォンでは及ばない。

自分の思ったことを
なるべく鮮度が落ちないうちにカタチに残すこと。

人間の頭の中って

  • 時には400字詰め原稿用紙だったり。
  • 時には方眼紙だったり。
  • 時には無地だったり。
  • はたまた粘土細工のようだったり。

決まったフォーマットって無いですよね。

決まった枠や形式にとらわれず、
頭の中で浮かんだ言葉やイメージを
できるだけ新鮮なうちに形に残すには
やっぱり紙とペンなんです。

人によるかもしれませんが、
少なくとも僕はメモアプリではダメでした。

同じようで違う毎日の気づきをメモ。

画像:イメージ気づき

何気なく毎日過ごしていても、
通勤電車や、お仕事の中で、
いつもと違うことってあるはずなんですよね。
それってその人だけの体験(=インプット)だと思うのです。

「お客さんから感謝の言葉をもらった」
「昨日までやってなかったことをやった」
「同僚が知らなかったことを教えてくれた」

などなど。
めちゃくちゃ些細なことでもOK。

とにかく昨日までの自分より
ちょっとでも違うことがあったら。
少しでも良いことがあれば。

それを書いてみる。

「自分はどう思ったか?」
「次はどうするか、前はどうだったか?」

という感じで。

こういうことを言うと、

「SNSで拡散してもらうには?」とか。
「仕事にもっと活用するには?」とか。

そういうことまで
考えてしまうかも知れませんが
一旦、そういうことは脇に置く。

最初は、
ざっくばらんで良いと思います。

まずは気づいたことをメモする。
それだけ、で良いと思うのです。

いろいろ考えるのは後でやりましょう。

いったんぜんぶ後回し。笑

メモを書くならなるべくポジティブな内容も書こう

画像:イメージ 笑顔

メモを取るときの注意としては、
なるべくなら
マイナスのことではなく、
プラスのことが良いと思います。

  • 「一日のなかで起きた幸運なこと」
  • 「嬉しかったこと」
  • 「自分の良いところ」

が良いですね。

ココロのモヤモヤを吐き出すために、
どうしても悪いことを書き残すときは
良いことも書いてバランスを取る

人間の潜在意識って不思議で、
言葉に発したり、
紙に書いたりしたことって
自分に対して受け取ってしまうらしいですね。

ちょっとスピリチュアルな話に
聞こえるかもしれませんが、
人間の潜在意識は
「言葉の主体」を意識しにくいとか。

なのでマイナスの言葉を
見たり聞いたりした時って
「自分に対して言われてる」
錯覚する性質があるらしいです。

心理学系の本を買うと、
結構な頻度で

「自分を褒めよう」
「ポジティブな言葉を言うようにしよう」
「マイナスの言葉を発する人に近づかないようにしよう」

という記述を目にしますけど、自分以外の誰かについて言ったつもりでも、
その言葉は自分の耳にも入ってしまう。

ポジティブな言葉を言おう、
というのは自分のためにもなるかもしれません。

まあ、たしかにノート開いたら
誰かや、何かの悪口だけが
びっしり書かれているようなノート
開きたくなくなりますよね(^^;)

例:
水を入れたコップをお盆に乗せ、
それを子供に持たせて
リビングからキッチンまで運ばせるとする。

「転んでこぼしちゃダメだよ!」
と声をかけ続けると
転んで水をこぼしてしまう確率が増える。

「ゆっくり歩いて運ぶんだよ」
と声をかけ続けると
成功しやすい。

僕も多分、
「こぼすなよ、絶対こぼすなよ」と言われたら
ひっくり返します。子供ではなくアラフォーですが…笑
(某ダチョウの倶楽部的な。笑)

なので、書くときは
ポジティブなことも意識して書く。

僕もノートを取るとき、
悪いことだけでなく
良いこともなるべく書いてます。

後で開いたときに
自分で嫌にならないように。笑

でも、それを心がけたら
前より悪いことを考える時間が減ったんですよね。
精神的なこともバカにはできません。

どうせなら良いことを書きたいものです(^^)

ミニノートで気付きメモを続けると何が起きる?

メモを取ろう!仕事のためにも、自分のためにも。
メモを取ろう!仕事のためにも、自分のためにも。

で、日々の気づきをメモにしていると何が起きるか。

結論を言えば

  • インプットしたことの定着力が上がる。
  • 急に人に伝えるときもある程度まとまった話ができる。

先日、
職場の人からアイデア出しについて聞かれたことがありました。

ちょうどその2,3日前にオズボーンのブレインストーミングの仕方について
メモを取っていて、

「アイデア出すなら、闇雲に考えるより、何か枠組み作って考えたほうが良いかも。ブレストっていうのがあって・・」

と人にスラスラと伝えることがあったのです。

教えた内容はそれほど大したことではないかも知れませんが、
僕が自分でちょっと驚いたのは、
メモしたことを覚えていて、
すらすらと人に教えていたことに、自分で驚きました
記憶の定着にも書くことって良いらしい。

手は第二の脳」といわれることもあるみたいですし。

見たり聞いたりして
せっかくインプットしたことも、
身についてなければもったいない。

メモをとることで
自分の記憶の定着にもつながるし、
アウトプットする力も伸びるような気がします。

自分が日々思ったことを
前向きに捉えるためにも、
自分の体験を自分の資産にするためにも、
ミニノートでメモ、おすすめです(^^)!

一回、二回メモ取りをやってみて、
あまり変化無くてもメゲないでください。笑
続けることが大事なんです。

僕もやったりやらなかったりする時はあります。
3日に一度、週に一度でも良いし、セミナーに参加したり、なにか面白い気付きが合ったときだけでも良い。
最初はゆるくやりましょう。

小さなメモでも「辞めないこと」が大事。
習慣にできると強いです。筋トレみたいな感じですね(^^)

メモを取ることに興味があるアナタにオススメな記事はこちら!

ただのメモ帳を自分だけの"思考回路"にする!メモの魔力/著・前田裕二
書評:ただのメモ帳を自分だけの「思考回路」にする!メモの魔力/著・前田裕二 こんばんは!すあんです。今日も模索していきましょう😀 今日はメモの魔力(著・前田裕二)の書評です。 読んで...

「ミニノートでメモを取ろう」、
という記事を書いたわけですが、
冒頭にも紹介しましたが、
「メモの魔力」という面白い本が
出版されております。

メモの取り方を工夫することで
さらに、一段高い
インプットとアウトプットができると思います🙂

キーワードは
「ファクト → 抽象化 → 転用」

読みやすい本でしたので
気になる方はぜひ一度読んでみてくださいね。

さらに。
日々の気付きのメモを
とるだけじゃなくて、
もっと大きく、

自己分析や、自分の人生の目的地を考えてみたい!
頭の中のモヤモヤの整理したい!

という方は
価値観マップの作成をオススメします(^^)

ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決めるために【価値観マップ】を作ってみよう!
ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決める【価値観マップ】を作ってみよう! どーも。すあんです。今日も模索してます🙂 今日のお題は 「ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決めるために【...

自分のことって
改めて考えてみると
意外とわからないことや
新しい発見があったりします。

そして、そしてそれは
書き出して、カタチにしないとわからない。

ミニノートでも、価値観マップでも良いですが、

アナタ自身も気がついてない
自分をもう一度見つけてみませんか?(^^)

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
もう一ついかが?こんな記事もありますよ!