買いもの

初心者でもミラーレス一眼でキレイに写真を撮りたい!α6000の撮影のコツ:初級編

初心者でもミラーレス一眼でうまく撮影したい!α6000の撮影のコツ:初級

どーも。すあんです。今日も模索してます🙂

今日のお題は
初心者でもミラーレス一眼でキレイに写真を撮りたい!α6000の撮影のコツ:初級編
です。

この記事はこんな人の参考になると思います。

  • ミラーレス一眼レフの撮影って、設定多いけど何をどうすればよいの?
  • 撮影してもなんか今ひとつ素人っぽさが抜けない・・・
  • 夜の写真もキレイに撮ってみたい!

気になるところへは目次からどうぞ!
では参りましょう~。

SONY ミラーレス一眼 α6000の撮影をもっとうまくなりたい!

先日旅行に行ってきたのですが、
その旅には裏テーマがありました。
それは…
「α6000の撮影をもっとうまくなりたい!」
だったのです。

ちなみに旅行記はこちらです🙂

お気楽ひとり旅レポート:神戸〜小豆島編
【旅行】気ままにひとり旅:神戸〜小豆島編こんにちは。すあんです。 今日も模索していきます🙂 今日のお題は 「気ままにひとり旅:神戸〜小豆島編」 です...

昨年、ミラーレス一眼のデジタルカメラ
SONY α6000を購入しましたが、
撮影の技術はまだまだ。

このカメラ気に入っているので
「次に旅行へ行くときは絶対これを携えて行こう!」
と思っていました。

旅先の景色をスマートフォンだけでなく、
カメラで撮影してどうなるか?

自分が目にした旅先の風景を
自分なりの視点で残しておきたい。
キレイに取れたら嬉しいですし。

上手く撮影するポイント:構図

まず構図。
つまり撮影する対象物、「被写体」をどう切り取るか。

構図が上手く取れると
「なんとなくとりあえず撮影した」
という写真から
「この時間の、この空間を切り取った。」
という作品ぽさが出ると思います。

ことばで言うと
よくわからないと思うので
実際に比べてみましょう。

写真1(なんとなく撮影したもの)

写真2(構図を意識して撮影)

上手く撮影するポイント1:構図上手く撮影するポイント1:構図

写真1と2の違いは構図。
では、どう切り取ったかを説明しますね。

これにはわかりやすいコツがあって、
切り取りたいものを
3行3列の9つの領域に分割して、
「風景をその9つの枠にいい感じに収まるようにしてみる」
というイメージ。
実際に赤線入れてみましょう。

写真1(構図ガイド線付き)

上手く撮影するポイント1:構図A 赤線付き

写真2(構図ガイド線付き)

写真2(構図ガイド線付き)写真2(構図ガイド線付き)

こうするとわかりやすいですね。
上の写真1は9つの枠を意識せずに撮影したもの。
下の写真2は9つの枠を意識して撮影してみたもの。

エンジェルロードと
島、海、空を9つの枠に
入るようにしてみたら、
なんとなく
全体の収まりが良い印象になりませんか?

…僕はまだあまり上手くないので
ちょっとわかりにくいかもしれませんけども…😅

ちなみに島をど真ん中にせず、
ちょっとずらしてみたパターンも
撮影してみました。

左に寄せてみた構図左に寄せてみた構図

なお、
線が交差する4つの丸のポイントも
被写体を置いて良いポイントのようです。

9つの枠だと収まりが悪く感じたら
この4つの点の位置に被写体を置いて
撮影してみると
また違った切り口の写真が取れると思います。

ガイド線は
α6000の設定変更で表示が可能。

α6000 構図のガイド線α6000 構図のガイド線

 

カメラ初心者で構図に迷う時は
このガイド線を
存分に利用することをオススメします🙂

上手く撮影するポイント:夜はシャッタースピードと露出を調整!

で、さらに今回、
夜の撮影も練習してみました。
夜の撮影は
「シャッタースピードの調整」と
「露出の調整」

全然変わってきますね。

夜の神戸をα6000で撮影。車の光はうまく取れましたが、ブレた。笑 夜の神戸をα6000で撮影。車の光はうまく取れましたが、ブレた。笑

シャッタースピードは
光の取り込み方が変わります。

上の写真はシャッタースピードを30秒にして陸橋の上から
道路を走る車を撮影してみました。

「シャッタースピードを30秒」にするということは
読んで字のごとく
「30秒間ずっとその空間を撮影し続ける」
というものです。

だから車が通ったヘッドライトやテールライトが
尾を引くように光を撮影できるわけですが、
見ての通り、ブレブレです。笑

この時は三脚を持っておらず、
頑張って手で30秒間動かないようにしていましたが、
さすがに完全に止まるのは無理でした…😅

そして、露出(ISO)は写真全体の明るさ。

露出(ISO)1600 で撮影。これはキレイに取れたかな露出(ISO)1600 で撮影。これはキレイに取れたかな

夜の神戸を撮影。これはまだキレイに取れたかな。

露出を変えると
明るさも
かなり変わります。

露出(ISO)800 で撮影。暗いですね露出(ISO)800 で撮影。暗いですね

 

2つの写真は
同じ位置で撮影していますが、
これだけ変わるわけです。

その他にも現地であれやこれやと試しましたが、
こういう時はやはり、
“教科書”を見たほうが間違いない。

というわけで以前購入した
デジタルカメラの撮影の仕方の本が
iPadに入れてあったので
現地で復習。

電子書籍は便利です🙂

created by Rinker
¥1,320
(2019/12/07 11:08:29時点 楽天市場調べ-詳細)

全部手探りでやるよりも
教科書があった方が
正解への到達は速いと思いますね。

まとめ:カメラの撮影も、きっとアナタのアウトプット!

カメラも奥が深いですね。
以前、このブログでも紹介したように
「アウトプットとは、インプットに”自分なりの編集”を加えたもの」
という記事を書きましたが

【書評】黄金のアウトプット術/著・成毛 眞こんにちは。 すあんです。 今日の記事は書評です🙂 アウトプットのための本です。 「黄金のアウトプット術」 ...

ブログの記事などの文字情報だけでなく、
風景をカメラで切り取るのも、
自分なりに編集を加えたアウトプット
になると思います。

僕は今回の旅で、
写真の撮影がさらに楽しくなりました。

設定値を切り替えることで
撮れる写真の雰囲気が
全然変わってくるのがわかってきて、

「これ、この設定で撮ったらどうなるのかな?」
「あ、暗すぎるから、じゃあ露出を調節して…」

とか、撮影時に色々試してみたり。

ようやくカメラを
“使っている”感覚に近づけたかなと。

次に旅行に行くときも必ず
α6000を持って行きます。
まだまだ未熟ですが、
僕にとってはもう旅の相棒ですね😄

というわけで

  • ミラーレス一眼レフの撮影って、設定多いけど何をどうすればよいの?
  • 撮影してもなんか今ひとつ素人っぽさが抜けない・・・
  • 夜の写真もキレイに撮ってみたい!

という人に、
この記事が少しでもお役に立てれば
嬉しいです🙂

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加