書評・感想

その休息、ほんとにちゃんと休めてますか?書評:最高の休息法 著・久賀谷 亮

書評:最高の休息法

どーも。すあんです。今日も模索します🙂

今日は書評です。
お題は
「世界のエリートがやっている 最高の休息法 著・久賀谷 亮」
です。

ではでは、
ご紹介していきましょう。

■本書の主な内容

お休みの日。アナタはちゃんと休めていますか?

お休みの日。
アナタはちゃんと休めていますか?

お休みの日に一日ゆっくりしていても、
なんだか休めてない気がする…
体も頭も重い…

ビジネスパーソンだけでなく、
学生さん、主婦の方だって、
そういうときってあるのではないでしょうか。

その疲れ、
身体じゃなくて、
“脳の疲れ”
かもしれませんよ。

本書はそんな“脳を休める方法”についてを
わかりやすく教えてくれます。

では、その具体的な方法とは何か。
表紙に書いてあるとおり、
脳科学×瞑想

で、さらに言うと本書では
瞑想は特にマインドフルネスの仕方について
解説されています。

主な構成としては以下の通り。

前半:脳の休め方の具体的な方法7つ(2割くらい)
後半:架空の人物による物語仕立ての脳の休め方の解説(8割くらい)

となっております。

親切なことに前半部分で結論として、
「脳を休めるにはこうしましょう」
という具体的な手法が先に書いてあります。

「じゃあ、後半いらなくない?」
と思われるかもしれませんが、
後半も読んで損は無いです。

本書の表紙にあるとおり、
「脳科学」による科学的な見地から
なぜ瞑想(マインドフルネス)が
脳を休めるのに良いのか
より深く知ることができるからです。

さらに物語仕立てにすることで
難しくなりがちな
科学的な話を平易に読むことができる。

これ、もし後半部分も
普通に論文のように記述してあったら、
僕なら飽きて
途中で読むの辞めてた可能性高いです。笑

物語形式だったので、
楽しく読めたように思いますね。

気軽に読めるように工夫されていると思いました。

簡単にあらすじを書くとこう。

<あらすじ>
主な登場人物:
イエール大学の脳科学の教授、通称”ヨーダ”と、
研究生の日本人”ナツ” その他数人

お話の流れ:
ナツがアルバイトで働いているベーグル店が
今にも潰れそうになっている。
教授であるヨーダがナツと一緒にお店の再建のために奮闘する。

その鍵となったのはマインドフルネスであった。
果たしてお店は再建できるのか ――!?

設定がよく考えられていますよね。

マインドフルネスを
科学的な見地からアプローチしつつも、
身近な話に思えるような
舞台設定と人物設定と思いました。

で、最後まで読んで
マインドフルネスを理解したあとは、
前半部分を読み返せばすぐに復習できると。

構成も良いなと思いました。

■”イマココ”に集中するマインドフルネス

イマココに集中する”マインドフルネス”

マインドフルネスって多分最近なら
どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

瞑想、マインドフルネス、アファメーションなんて
言い方もするみたいですね。

こういう精神的な
言葉を聞くと若干抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、
脳科学の見地からも
効果アリと大学などの研究機関で証明されているようです。

実際、書いてあったことは
「なるほどな」と思えることも多かった印象。

瞑想やマインドフルネスの本や動画を見ると
本書にもある言葉をよく目にします。

「評価や判断を加えずに、いまここの経験に対して能動的に注意を向けること」
世界のエリートがやっている 最高の休息法より 著:久賀谷 亮

この「いまここに注意を向ける」ことが
いかに難しく、そして大事なことか。

特に、脳を休めるために。

本書を読むことでそれが理解できると思います。
「デフォルトモードネットワーク」
という言葉も本書で初めて知りましたが、
普段の生活を振り返ると
いかに自分が(というか人間が)
あっちこっち意識が散らばっているか
よくわかります。

デフォルトモードネットワークとはつまり

何もしていないときでも
脳がいろんなこと考えちゃって
実は結構脳は疲れてる

「そんなの普通じゃん。いろいろ考えるでしょ」

と思われるかもしれませんが、

「どのくらいの時間」
「どんな種類のことを」
「どれくらい掘り下げて」

考えているかって、
計測したことはありますか?

アナタも実はとんでもなく
脳に負担をかけてしまっているかもしれません。

これを停止させて、
脳を本当に休息状態にする方法が
マインドフルネスというわけですね。

■まとめ:休息は身体より”脳を休める”ことが大事

休息は身体より"脳を休める"

読んでみて、わかりやすく
マインドフルネスについて理解ができたように思います。

最近、よく瞑想やマインドフルネスという言葉を
目にしていましたが、
なぜそれが脳に良いのかわかりました。

本の構成としても
「マインドフルネスについて科学的な見地を踏まえつつ、わかりやすく伝える」
ということにしっかり配慮されていたかなと。

おかげで読みやすくわかりやすかったと思いました。

僕の今の生活を振り返ると、
「ながら作業」をしまくってることに気が付きました…😅
これって脳にはすごくよくなかったんだなあ…。

考えてみれば食事するときにも
「一口一口食べ物をよく噛んでじっくり味わう」
なんてやってなかった。
横になって、
「呼吸や鼓動、自分の体に起きていることに注意を向ける」
なんてやるはずもありません。笑

何かをやりながら作業するほうが
「効率が良い」
と思っていましたが、
それは脳を必要以上に
疲れさせるデメリットもあったのです。

僕の場合は長い間
この雑な生活(笑)で
慣れ親しんでしまってるので、
ここから
軌道修正するのは
それなりに大変そうです😅

僕以外の方でも
現代社会に生きる人にとっては誰しも
こんな状態に陥りやすいかもしれませんね。

パソコン、
スマートフォン、
テレビなどなど…
ながら作業をしやすいものが
いっぱいありますし。

そんなわけで、
本当に休むためのマインドフルネス。
ビジネスパーソンの方、学生さん、主婦の方でも。

最近疲れが取れないなーとか、
休んでるはずなのに身体が重いなーとか。

そんなふうに
休む、休息を取ることに困っている方、
一度試してみるのはいかがでしょうか。

アナタの休息がちょっとでも良くなりますように。

以上、
「書評:世界のエリートがやっている 最高の休息法」でした😄

created by Rinker
¥1,485
(2019/11/13 07:45:25時点 楽天市場調べ-詳細)
ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加