買いもの

地震や台風で次は自分も被災者になるかも…。一人暮らしの人が最低限備えておく防災アイテム

地震はいつ来るかわからない!一人暮らしの人が最低限備えておくべきこと。

こんばんは。
すあんです。
今日も模索しましょう🙂

今日のお題は
「一人暮らしの人が最低限備えておく防災アイテム」
です。

自然災害の中でも
地震は本当にいつ来るかわかりません。

台風もある程度準備できるとは言え、
実際の被害がどうなるか
わからないことも多いですよね。

「日頃から備えておくことが大切」と聞くけれど、
具体的に何を備えれば良いのかわからない…。

今日は最低限これだけは備えておこう、
というアイテム5つをご紹介します。

僕は一人暮らしの男なので、
その目線からの紹介ですが、
女性でも、家族のある方でも、
ちょっとでも参考になれば幸いです。

■準備するなら平時から。地震や台風の災害に備えよう。

準備するなら平時から。地震や台風の災害に備えよう。準備するなら平時から。地震や台風の災害に備えよう。

地震がいつ来るかわからないのは
もはや仕方ないとして、
それでも備えておくことは大切です。

たとえ災害にあっても準備してあれば、
いざというときに役に立ってくれるでしょう。

何も大げさなことはありません。
日頃の買い物に
ちょっとついで買いをしておけば良いだけです。

災害時に備えておくべき必要な5点セット

  1. 水と食料
  2. 情報
  3. 電源
  4. 衣類

ではひとつずつ見ていきましょう~。

■災害時に備えておくべき必要な5点セット

1:水と食料

水と食料をまず用意。特に水。水と食料をまず用意。特に水。

これはすぐに思い至りますね。

水と食料。
これがないと人は生きていけません。

ちなみに人間は食べ物が無くても数日くらいはなんとか生きられるとか。
ただし、水が無いと1日か2日で命に関わるようです。

飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ 

首相官邸のWEBサイトでもこのように紹介されていますが、
水って一人1日3リットルが目安なんですね。
結構多いですね…。

ただ3リットルあれば確かに十分だな、と思えます。
非常食にご飯(アルファ米など)とありますが、
ご飯を炊ける状況ではない可能性もあると思うので、
保存も効きやすいビスケット、飴などでも良いのではと思います。

チョコレートもカロリー高めで
非常食によくオススメされますね。

2:情報

災害時も情報は大切です災害時も情報は大切です

情報。
現代の社会では
スマートフォンなどの情報端末を
ほとんどの人が持っていると思いますが、
災害に見舞われた時、
スマートフォンが平常時と同じように
使えるかは不安があります。

代わりにオススメなのは、携帯ラジオ。

スマートフォンの通信網が
災害でダメージを受けていたり、
または災害に伴う安否確認の連絡で
回線がパンクして使えない…。
ということもあるでしょう。

ラジオなら電池入れて周波数を合わせるだけで使える。
最近だと上記の製品のように手回しや太陽光で
充電できる便利な機種も出ています。

ラジオは今でも災害時の情報源として
強いと言われていますね。

あと、情報と言えば
自治体から定期的に届く、
避難場所などの案内。
…皆さん、捨ててたりしてませんか?😅

災害時も情報は大切です災害時も情報は大切です

近隣の避難場所など
実は重要な情報が掲載されています。

これも届いたときには
しっかり保管しておきましょう。

指定の避難場所へ行けば、
行政からの支援物資などを受け取ったり、
同じように被災された方との情報交換ができたりするでしょうから、
一人で右往左往することにならず、
安心できるのではないでしょうか。

災害時こそ、情報は大事ですね。

3:電源

電源と照明電源と照明

電源。
スマートフォンにしても、照明にしても、
電気がなければ使えません。

スマートフォンを使っている方は
モバイルバッテリーを持っている方も
多いかもしれませんね。

もし持っていなければ、
一つくらい持っていても損は無いと思いますので
購入しておくことをオススメします。

そして、電気といえば照明器具。
懐中電灯やランタンです。
これも備えたほうが良いですね。

「スマートフォンにライト付いてるからそれで良いのでは?」
と思った方。
確かにそれでも良いのですが、
ライトは別で買ったほうが良いです。

なぜなら。
スマートフォンのライトは
電池の消耗が激しく、
いざというときにスマートフォンが
電池切れになる可能性があるので、
ライトはライトで別で用意した方が良いようです。

ただでさえ
災害時には情報収集や連絡などのために
使用するため、スマートフォンの電池は貴重。
温存したほうが良いです。

ラジオでもライトでも、
災害時は単一機能の専用機器が強いですね。

これは過去、
ウェザーニューズの台風情報を見ていたら、
災害に遭われた視聴者の方のコメントで
僕も知りました。

朝から晩まで気象情報!ウェザーニュースLiVEが面白い!
朝から晩まで気象情報!ウェザーニュースLiVEが面白い!皆さんこんばんは。 皆さん、ウェザーニュースLiVEって知ってますか? お天気情報をずっと生放送しているネット配信番組です。 ...

あと電池ですが、
予め準備するなら
単3乾電池などは避けたほうが良いです。
電池を買うなら、
エネループなどの充電型の電池をオススメします。
理由は3つ。

  • 充電しなおせば繰り返し使える
  • 電池内の電気が長期間減りにくい
  • 長期間放置しても液漏れしない

充電型電池は特性上、
長期間放置しても、蓄電残量が減りにくい性質があります。

そして、最大のメリットは長期間放置しても
液漏れや経年劣化しにくい!

僕は過去、単3乾電池を
懐中電灯に長期間入れっぱなしにして
液漏れが発生、何個か懐中電灯ごとダメにしました…。

乾電池の使用には注意です😅

4:衣類

衣類も大事衣類も大事

衣類も必要なのはわかりやすいですね。

災害時、自宅に居られなくなったり、
または入浴などが
できなくなることもあるでしょう。

不衛生にしてると
体調崩したり、
何らかの感染症を
患ったりすることもあるでしょうから、
着替えがあると良いと思います。

下着2日分と、
上着、タオルなどまであれば
とりあえずは良いかと。

 

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ

5:靴

靴!災害時は重要です。枕元に置きましょう靴!災害時は重要です。枕元に置きましょう

靴を置いておくのは玄関…ではありません。
「枕元」です。
これは就寝中の地震に備えるためです。

就寝中に地震が来たときのことを
想像してみてください。

地震が起きたら、
寝室から玄関までのルートが
ぐちゃぐちゃになっていたり、
建物が歪んで玄関のドアが
開かないことがあるのです。

そのぐちゃぐちゃのルートを
素足で歩く。
または窓から脱出する。

靴があったほうが良いのは
想像できたのでは無いでしょうか。

ガラスや、プラスチックの破片などの
尖ったものや、
怪我しそうなものが
床や地面に散乱していることもあります。

靴は重要です。
ついでに靴下も用意しておきましょう。

枕元に靴なんて、
と思うかもしれませんが、
適当な袋に入れておけば
邪魔にはなりませんよ🙂

■防災アイテムなんて、必要かどうかわからないものにお金使うのはちょっとなあ…と思うそこのあなた!

と、いろいろと
防災アイテムをご紹介しましたが、

「用意するのめんどくさいし、必要かわからないものにお金使うのはちょっとなあ…」
「そのお金で美味しいもの食べたり、ガチャ引いたりできるなあ…」

というその気持ち、
わかります😅

でも、災害が起きた時、
特に一人暮らしの人は自分の身は自分で守らないといけません。

代わりに誰かが守ってくれることは
無いと思ったほうが良いです。

怪我しても、食べ物がなくて困っていても、
助けてくれる人はその場に居ないかもしれない。
周りの人だって自分のことで精一杯のはず。

逆に
自分に十分な用意があれば、
困っている周りの人の助けになる
こともできます。

備えておけばいざというときに動揺せず、
冷静な対応ができる“余裕”も生まれるでしょう。

非常時こそ、冷静さは大事です。

■まとめ:災害に備えるのは平時から。

災害に備えるのは平時から。災害に備えるのは平時から。

いうわけで、
一人暮らしの人のための備えについてでした。

一人暮らしとしましたが、
家族が居る方にとっても
共通で参考になるところはあるかと思います。

用意が面倒だな、
と思う人もいるかもしれませんが、
いつもの買い物にちょっと買い足すだけで
OKなものばかりではないでしょうか。

僕は
これらの災害グッズはバッグにひとまとめにして
枕元に置いています。

まとめて枕元に置いておきましょうまとめて枕元に置いておきましょう

災害時の備えはなんでもない平時から。
アナタの防災に少しでも参考になれば幸いです🙂

最後に、紹介を2つ。
記事内でも紹介しましたが、
備えておくべきものについては
首相官邸のWEBサイトに詳細な記載がありましたので、
参考にしてくれれば幸いです。

紹介1つ目。

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

政府が推奨する分だと
食料などは一週間分くらいは
備えておくと良いようです。

この記事で紹介している分はせいぜいが2,3日分です。
用意が可能な人は一週間分、用意しましょうね。

紹介2つ目。
なんと
Amazonで「東京都総務局総合防災部防災管理課」が発行している防災情報を
無料でダウンロードできます!
ぜひお手持ちのスマートフォンやタブレットにてダウンロードしてみてください。

インターネット上に役に立つ情報があっても、
災害時に通信ができなくなったら、
読めませんよね。

ダウンロードして通信できなくても
見れるようにしたほうがよいでしょう。

紹介してくださった、
下記のTweetに感謝です😀

 

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加