もさく雑記

20代に絶対考えておくべきたった一つのこと。

画像:スタート地点を決めよう

こんばんは。
今日は20代の時に、
これだけは考えておいた方が良いことを
お話しますね。

「何をして生きていきたいか?」
「どういう人生だったら自分は幸せか?」

結論から言うと
人生の”スタート地点”になります。

スタート地点が決まっていれば
その後の人生で迷っても
もう一度スタートから道を考えなおすことできるので
迷った時の拠り所になると思うのです。

僕が”スタート地点”について考えてみたきっかけ

画像:コンパス

僕は大学四年生のとき、就職活動している時に
自分の人生について考えました。

「自分の人生を考えること」
を噛み砕くと、

  • 「何をして生きていきたいか?」
  • 「どういう人生だったら自分は幸せか?」

をとことん追求することだと思います。

改めて考えてみないと
先に進めないような気がしたのです。

あとは
就職活動がしんどくて
現実逃避したかったのもあります。笑

そもそも、「自分はなんで生きるのか?」から考えてみる

画像:海辺で悩む男性

哲学的な問いですが、
20代なら考えて損はないです。

ここで一つ質問ですが
何も苦痛が無い状態で、
アナタは幸せになれそうですか?

たとえばこんな状態はいかがでしょう。

植物状態だけど栄養は十分提供され、
好きな夢を見続けられる。

  • 何もしなくて良い。
  • 苦痛もない。
  • 気持ちの良いものを眺めてるだけ。

仮にアナタにこの権利が与えられたとして
幸せになれるでしょうか?

僕は大学4年制の時にこの問を自分に問いかけてみたのです。

きっかけになったのは当時大流行したSFアクション映画、
「マトリックス」を見たから。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、
何もかもが誰かから提供されている状態が幸せかどうか、
考えさせられるシーンがあるのです。

↓映画はコチラ。実はアマゾンプライムでこの間見つけてつい見てしまった。今見ても超面白い(^^)

¥299 (2021/05/22 17:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

マトリックスが公開された当時、
西暦2000年前後のころはまさに就職氷河期。

学生の就職は厳しく、

「即戦力が必要だ!」
「学生時代からスキルを磨け!」
「これからは成果主義。新人でも関係ない。早く結果を出せ!」画像:即戦力を求められる

など、新卒の学生といえど即戦力が求められ、
普通の特徴のない学生は企業から内定が取れない。

そんな時期でした。
(今もそうかもしれませんが…)

僕は性格的にのんびりしていて、

「競争や衝突は苦手、上昇志向も強くない。
出世や年収より平穏に暮らしたい」

というビジネスパーソンにかなり不向きな性格をしています。笑

そんな中で
世の中の企業から
求められる新社会人像の厳しさに
とてもヘキエキしていました。

「いや、学生に”即戦力”っておかしくない…?」
「そんなこと言われても、ゆっくりのんびり生きていきたいだけどなあ…」

そんな感じにかなり暗い気持ちになっていたのです。

ただ何らかの仕事には就きたいと思っていたので
どうしようかな、と困り果て、

  • 「自分はどうしたいんだ?何がやりたいんだ?」
  • 「というより、そもそも、なんで生きるんだ?」

というところまで立ち返って
考えて見たわけです。

立ち返り過ぎかもしれませんが、
1どころか0から考えなおして
クリアにしないといけなかった。

それがはっきりしないと前に進めない。と。

そこで先ほどの問を自分にしてみたのです。

マトリックスの世界のように
半植物状態みたいに生きていくのがOK。

家族も全員OKと言ってくれたら
僕は幸せになれるか?

と、考えてみた結果。

それはイヤだ。
世の中に何か貢献したい。
何か価値を残したい。

が勝ったのです。
10:0ではないです。
8:2くらいですかね。笑

そりゃあ、
苦痛のまったくない人生も、
もしかしたら悪くないかもしれない。

したくないことはせず、
見たくもないモノ、
知りたくもないコトを知らずに生きる。

死ぬまで都合の良い夢の中で生きていくのは
それはそれでアリなのかもしれない。

僕とは違って世の中には
それを迷わず選択する人が居てもおかしくないと思う。
僕はそれを否定しない。

画像:線路を歩く人

ただ、
「”僕は”何かの苦難を受けつつも、生きる方を選んだ」
ということです。

20代になるまで、
僕も理不尽な目に合うことがあり、
世の中や、周りの人の悪い面ばかりに目を向けて、
イライラした時期もありました。

すあんプロフィール03
運営者プロフィール はじめまして。すあんと申します。 名前:すあん年齢:アラフォー性別:男性住んでるところ:名古屋近くの田舎町好きなもの:旅...

苦痛や困難もいらない、
そんなものいらないから
幸せになれるものだけを見たい、
と思っていた時期もあります。

でも、反面、何かの努力が
小さな実を結んだことや、
周りの人の心遣いに感謝できたり、
逆に周りの人に何か貢献ができた時って
やはり嬉しかった。

これを得るには
人の世の中で傷を負いながらも生きていくしかない、
と思ったのです。

改めて、アナタが何のために生きるのか?を考えよう。

改めて、何のために生きるのか?を考えよう。

じゃあ次は、
世の中で生きていく上で

  • 何のために生きるのか?
  • 何をすることなら自分は幸せか?
  • 何をすれば自分は生きてる価値を感じられるか?

コレを考えてみました。

この問に対する僕の答えは

「世の中を良くすること」

に落ち着きました。

なんだか小学生が考えたみたいに
幼稚な言葉に感じられるかもしれませんね。

でも何度考えても
僕はこの言葉が一番しっくり来たのです。
もう一段、掘り下げてみて、

「世の中を良くするってどういうこと?」

それも考えてみて、

「わからないことが分かるようになる」
「できないことができるようになる」
「無かったものを作り出す」
「悪いものを良くする」
「良いものはもっと良くする」

ということ。
…やっぱり小学生みたいですね。笑

でも、いちばんしっくり来るのですよ。
たぶん頭の中が中学生で止まっているからかもしれませんが、
まあ、シンプルで良いかなと。笑

変にカタカナやアルファベットで言うよりも、
わかりやすい。
少なくとも僕はわかりやすい。

僕のための言葉だから、
僕がしっくり来ればよいか、と思っています。

ちなみにこの

  • 「世の中を良くすること」
  • 「わからないことがわかるようになる」
  • 「できないことができるようになること」

は僕は30代の転職活動の時、
とある企業の面接でも面接官に言いました。

幼稚かもしれないけど、
自分の心からの言葉だったから。

結果は採用でした。

きっと内容そのものよりも
僕の心の底からの
本心の言葉だったことが伝わった
のでしょうね。

■まとめ:未来のために20代に考えておくべきこと。

画像:イメージ バンザイ

で、最初の問に改めて。
今日は20代の時に、これだけは考えておいた方が良いこと。

「何をして生きていくか?」
「何だったら自分は幸せになれるか?」

僕の答えは

「世の中を良くするために僕は生きる」

これが僕の“ゴール地点”
迷ったら一度ここまで戻ってもう一度。

僕はもうすぐ40歳ですが、
20代にこれを一生懸命考えておいて良かったと思っています。

あれから20年ほど経ちましたが、
何度も人生に嫌気がさすことがありました。笑

社会に出たら学生の頃よりも
「これはどっちにしたら良いのか?」
というとき、誰も答えは教えてくれません。

この時にゴール地点が決まっていれば
それを基準をもとに考えてみれば良い。

僕は決めたゴール地点に何度か助けられました。

もし今、20代で改めて考えてる人。
いっぱい考えてみましょう。

紙に書いたりしても良いと思います。

個人的にはブログやSNSよりは
紙のノートの方がおすすめです。
自分自身との深い対話になると思うので。

というわけで、
20代に考えておいたほうが良い
“ゴール地点”のお話でした。
少しでも参考になれば幸いです🙂

この記事を読んだアナタにオススメの記事

スタート地点が決まったら、
次はゴールです。

アナタの人生のスタートとゴールを結ぶために、
価値観マップを作ってみてはいかがでしょう(^^)

ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決めるために【価値観マップ】を作ってみよう!
ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決める【価値観マップ】を作ってみよう! どーも。すあんです。今日も模索してます🙂 今日のお題は 「ゴールが決まれば走るだけ!人生の目的地を決めるために【...
ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
もう一ついかが?こんな記事もありますよ!