旅行

感想:あえて「何もしない」という贅沢。箱根リトリートföre(フォーレ)宿泊してきました!

感想:「何もしない」という贅沢な時間と空間。箱根リトリートföre(フォーレ)

どーも。すあんです。今日も模索してます🙂

今日のお題は
あえて「何もしない」という贅沢。箱根リトリートföre(フォーレ)宿泊してきました!
です。

アナタは最近
こんな事を考えたことはありませんか?

仕事や人間関係に疲れた…
自分や将来のことを考えたいけど、ゆっくり考える機会がない
仕事と休み、いつも同じ毎日。非日常を味わいたい

今日はそんなアナタに
オススメな宿をご紹介しますね。

この記事が参考になりそうな人はこんな人


自然豊かな場所で静かな時間を過ごしたい
おしゃれでモダンな宿に泊まってみたい!
雰囲気が良くて、食事が美味しい宿でゆっくりしたい

ではでは
宿泊の感想をお話します

■ 結論:最高でした(^^)


2泊3日利用しましたが、
最高でした。😀笑

何が良かったかというと、

  1. 自然が豊かで静かな雰囲気
  2. 森の中にあり、非日常感がある
  3. 建物の作りが近代的でおしゃれ
  4. 露天風呂がある
  5. 部屋が広くてきれい
  6. 食事が美味しい
  7. 自家製ベーカリーがあってパンが美味しい
  8. コーヒーが無料
  9. スタッフさんの対応が丁寧

写真で見せたほうがわかりやすいと思いますので
撮影してきた写真を使ってご紹介します🙂

自然が豊かで静かな雰囲気

箱根リトリートföre(フォーレ)の入り口。ちょっとわかりづらいですが木の看板あります。
箱根リトリートföre(フォーレ)の入り口。ちょっとわかりづらいですが木の看板あります。

見ての通り、
一見、見落としそうなところに入り口があります。

建物はバスが走っている道沿いではなく、
ちょっと入ったところにあるので
静かです。

初日の到着は夜だったのですが、
照明に照らされて幻想的でした。

照明に照らされて幻想的でした
照明に照らされて幻想的でした

森の中にあり、非日常感がある

林の中にあるので
日常生活から切り離されたような雰囲気です。

外国人の宿泊客の方も多く、
日本ではないような雰囲気でした。

僕が行ったときは
お天気が悪く、
ほぼ雨だったのですが
それはそれで情緒ある雰囲気でした。

建物の作りが近代的でおしゃれ

建物の作りが近代的でおしゃれ
建物の作りが近代的でおしゃれ

箱根にある旅館やホテルの中でも
異彩を放っていると思われるこの佇まい。

リトリートフォーレ箱根くらいしか
このような造りの宿は
無いのでは。

バス・トイレもコンクリート打ちっぱなしの
現代的でおしゃれな造り。

バス・トイレもコンクリート打ちっぱなしの現代的な造り
バス・トイレもコンクリート打ちっぱなしの現代的な造り

露天風呂がある

露天風呂の中はさすがに
写真取れないので、
露天風呂に行くまでの路を撮影。

この左手の路が露天風呂までの路になります。

これは昼に撮影した写真です。

この先に露天風呂があります。
お風呂も広々としており、
快適でした♨

僕は平日にお休みを取って行ったので
人は少なかったです。
遅い時間に入ったら貸切状態。
サイコー😄

ほんと露天風呂は良いですねえ。笑

部屋が広くてきれい

なんと言っても、
部屋が広くてきれい。
デスクにあるライトも
ちょっとレトロなデザイン。

ペンも羽ペン。こだわってますねー

アメニティはもちろん一通り揃っています。
(写真撮り忘れた…😅)

コーヒー、緑茶も部屋にあります。
コーヒーはインスタントではなく
ドリップ形式。

ベッドはツイン。
一人旅だったので広々と使わせてもらいました。
(シングルの部屋はありませんので注意)

白が基調のシンプルでモダンなお部屋
白が基調のシンプルでモダンなお部屋

食事が美味しい

夕食を宿で取ったのですが、
これまた美味しく、
贅沢なお料理でした。

これは鰤だったかな。美味しい。盛り付けオシャレ

これは鰤だったかな。美味しい。盛り付けオシャレ

メインディッシュ。お肉おいしかった

調子に乗ってデザートを追加。これまた美味しかった

調子に乗ってデザートを追加。これまた美味しかった
調子に乗ってデザートを追加。これまた美味しかった

「美味しい」しか言ってませんが…
僕は食レポ得意ではないので
詳しい感想はご容赦くださいね😅

とにかく美味しかったことだけは
間違いありません。

食事は2種類。
コースとセット。
僕が予約したのはセット(+デザート)でした。

さらに。
朝食はブッフェスタイル。

食事は全部美味しかったですねー

自家製ベーカリーがあってパンが美味しい

宿にはベーカリーがあり、
パンが販売されています。
パンも美味しかったですね🙂
焼きたてのパンて美味しい。

ただし、
サンドイッチのようなものは無く、
スモークチキンなどの具材を自分で組み合わせる感じ。
(ピザトーストはあったかな?ちょっとうろ覚え…)

パンは部屋へ持ち帰れます。

ちなみに
ベーカリー&カフェは
お酒も注文できます。

僕はお酒はウィスキーが好きなので
ウィスキーのロックを注文しました。
(ビールはお腹が膨れるので…😅)

平日だったので他のお客さんも少なく、
カフェスペースで
ゆっくりさせてもらいました。

ほんとに時間を忘れて
ただその場にいるだけで豊かな時間が流れるような。
そんな空間でした

コーヒーが無料

ベーカリー&カフェには
コーヒーサーバーがあります。
このコーヒーは無料!
コーヒー好きな人には最高ですね。

コーヒーはカフェスペースで飲んでも良いし、
部屋にテイクアウトしてもOK.

お部屋でコーヒー飲みながら
あれこれ物思いに耽るのもまた良し。

ちなみに
パンとコーヒー、スモークチキンを
部屋に持ち帰って食事しました。
写真を取り忘れたのは失敗でした…😅

スタッフさんの対応が丁寧

スタッフさんの対応は皆さん丁寧でした。

到着時に
くるみパンと温かいレモン?ショウガのドリンクを
振る舞っていただきました。

それ以外にも
スタッフさんの対応は
丁寧で印象良かったですね😄

宿に雰囲気に合わせて
皆さんしっかり
おもてなししてくださいました。

■ 箱根リトリートföre(フォーレ)に”無いもの”

じゃあ、リトリートフォーレに
無いものはあるのか?

ということですが、
もちろん無いものはあります。

  • 部屋にテレビが無い
  • おみやげショップは無い
  • 静かなので逆に賑やかさは無い

部屋にテレビが無い

部屋にテレビがありません。
普通の旅館やホテルには
部屋にテレビありますよね。

箱根リトリートföre(フォーレ)の部屋に
テレビはありません。

静けさを楽しみたい人を重視しているようです。

おみやげショップは無い

観光名所にある宿には
必ずと言って良いほど備え付けてある、
おみやげショップはありません。

お土産は箱根湯本などの街にでて
買いましょう。

静かなので逆に賑やかさは無い

場所も静かですし
宿自体も静かで落ち着いた雰囲気なので、
賑やかしい感じはありません。

逆に、旅先でちょっとはしゃぎたい、
ワイワイ楽しく過ごしたい、
という方には
オススメできないですね。
「オトナが静かに休むための宿」って感じです。

■まとめ:静かで、豊かで、落ち着いた時間を味わいたい人にオススメです!

というわけで、
箱根リトリートföre(フォーレ)の宿泊の感想でした。

宿泊費は一泊2万円ほど。
このくらいの
グレードの宿に泊まるのは僕は初めてでした。

僕が今回このホテルを利用したきっかけは
本当に偶然。

数日お休みを取り、
旅行をしようと思っていたのですが、
その目的は観光旅行じゃない。

「一人になって頭を空っぽにしたい」

そう思って旅先を探していました。
(その時、色々あってちょっと疲れてまして…)

旅行サイトを探す中で、
目に飛び込んできた

公式|箱根リトリート före(fore、フォーレ)|仙石原の温泉ホテル https://www.hakone-retreat.com/hotel/

よくあるホテルや旅館とは一線を画す
佇まいとコンセプト。
ほぼ一目惚れで決めました。

観光名所を楽しんだり、
アクティビティーで遊ぶのではなく。

ただ、いつもの日常から離れて、
静かなところで
ゆっくり、じっくり、のんびりする時間が欲しかった。

「時間の無駄」
と思う人もいるかも知れませんが、
僕は立ち止まる時間が無いと
前に進めないのです😅

一度、
アタマの中にあるものを全部放り出して、
頭を真っ白にしたい。

そんな人に
うってつけの宿だと思います🙂

もしアナタが

仕事や人間関係に疲れた…
自分や将来のことを考えたいけど、時間が取れない
仕事と休み、いつも同じ毎日。非日常を味わいたい

と感じているのなら、

箱根リトリート före(フォーレ)

で、日常から脱出してみるのはいかがでしょうか。
きっと今までにない
静かで、豊かで、落ち着いた時間を
過ごせると思います🙂

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加