アニメ

【感想】GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)ハードでシリアスなSFアニメはいかがでしょう ~その2~

【感想】GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)

どーも、すあんです。今日も模索中です🙂

今日のお題は
劇場アニメーション作品:
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)

の感想です。

この記事は
こんな人に参考になると思います。

ハードでシリアスなアニメって無いかな?
ちょっと古くても良いから、面白いSFアニメ作品を教えて!
人と情報の関わりみたいな社会的な課題を取り扱った作品が観たい!

この作品を見たのはもう25年も前になるのか…😅
年取ったなあ…。笑

攻殻機動隊ってどんな映画?

この作品も何度か
地上波アニメ、劇場版、OVA作品などで
展開されていますね。

ただ、僕が今日オススメするのは
初めて攻殻機動隊が映像化された、
1995年の劇場作品、
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊です。
僕が見たのはもう20年以上前にレンタルビデオで見た作品ですが、
今でも印象深い作品です。
(当時はVHSのビデオテープ!もう若い人はわからないだろう!笑)

一言で言えば
「近未来サイバーアクション」
ですね。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊のあらすじ:

舞台は西暦2030年くらいの日本。
作品冒頭の言葉を借りると

企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなる程情報化されていない近未来

高度に情報通信ネットワークが進んで
体や脳そのものを機械化する”義体化”をするのが珍しくない社会。

情報のやり取りが機械と人間の間でも大きく進み、
自己の存在の垣根が曖昧になっている社会。

しかし情報化が進んだことで、
電子的な情報の改竄や不正利用、テロ行為などの電脳犯罪が起きるようになっていた。

主人公は内閣府直属の公安組織 公安9課の隊員、草薙素子。
素子はとある事件を追ううちに、「人形遣い」と呼ばれる
容疑者に接触することになる。

人形遣いは不特定多数の人間の電脳を乗っ取り(電脳ハック)、
意のままに操って、
犯罪に加担させることを得意としていた。

人形遣いを追ううちに
明らかになる策略と陰謀。

そして素子自身も
曖昧だった自己の存在について
向き合うことになる。

はたして
人形遣いとは何者なのか?
人形遣いとの邂逅は素子に何をもたらすのか―?

この作品のオススメなポイント

この作品のオススメなポイントこの作品のオススメなポイント

オススメなポイントは
ストーリーとテーマ、
あとはキャラクターですね。

テーマとストーリー

ご存知のかたも多いかもしれませんが、
この作品の監督、押井 守氏は
「テーマは重く、ストーリーはやや難解になりがち」
というなかなかステキな(笑)作品を
作る傾向があります。

でも、
日常系のアニメや
シンプルなアクション作品などを
普段は見ていて、
ある日こういう重厚な作品に触れたりすると
「こんな作品があったのか…!」
という謎の感動があったりしませんか?笑

描かれるテーマは
「情報と人間の関わりとそのあるべき姿とは」
というところではないかなと
僕は思っています。

人間の身体、全身全てを機械化できるようになったため、
機械と人、情報の伝達技術がより直接的になったことで
自分を形作っている「境界」が曖昧になる。

記憶すらも自分の体の外に出せるようになったとき、
「自分とは何か?」
という人間の根源的な自己存在の意識に大きな揺らぎが生じる。

さらに、機械の方も進化が進み、
”自我”と呼べるような知恵を
機械が獲得してしまったとき、
人間とどう接触しようとするのか。

この作品は見たあとに
色々考察や思考をしたくなるような
テーマとストーリーになっています。

しかもそれを踏まえた上で
ちゃんと「アクション映画」として
見せ場もちゃんとあり、
作品全体としてまとまっていると思うので
娯楽としても楽しめる。

映画としての完成度は
とても高いのではないかなと思います。

キャラクターの魅力

主人公草薙素子を始め、
相棒のバトー、同僚のイシカワ、トグサ。荒巻課長。
そして人形遣い。

それぞれにしっかり見せ場があり、
役割分担もきちんと分かれていて、
キャラクターも魅力的。

作品の途中で
素子とバトーが船の上で
語り合うシーンがあるのですが、
言葉を交わす二人が
微妙な距離感で良いのですよね。

10代のころ、このシーンをみても
ほとんど何も思わなかったのですが
最近、このシーンが
「このシーン、しっとりしてて良いなあ…」
と思えるようになりました。
(僕も年を取ったようです。笑)

アクションばっかりでは無く、
こういう静かなシーンがあるのも良いですよね。

ちなみに、
素子役の声優さんは田中敦子さん、
相棒のバトー役の声優さんは大塚明夫さん。
当時からすでに
ある程度名が知られていた印象もありましたが、
今やお二方とも、超有名声優さんですね。

二人の演技も相まって、
大人の男女が
静かに語り合う雰囲気が
よく出てると思いました🙂

この作品のガジェット

この作品のガジェットこの作品のガジェット

この作品のガジェットと言えばもうこれしかない。
「光学迷彩」!

どんな技術か、
ひとことで言うとシンプル、
「透明人間になれる技術」
ですね。

この作品のあとに
似たような表現のものがたくさん出ました。

それくらいインパクト大な映像表現だったのではと。
もう一度、PVの冒頭を御覧ください

このね、左手をゆっくりかざすように振って
徐々に周囲の風景に溶け込んで透明になる表現。
シビれます。少佐、カッコイイ!(※少佐は草薙素子の呼び名です)

あとは、全身機械化している
主人公の草薙素子が
そのまま象徴的なガジェットかもしれませんね。

作中、とある容疑者を追跡中に、
車の運転をトグサから助手席の素子が
「運転もらうわよ」
と言って車の運転を奪うシーンがあります。

素子は自分の首の後ろにあるコネクタと
車を直結させて、運転。

まるで車の端末に吸い込まれるような描写と
そこから電脳空間に視点を移し、
車と追跡する目標とを
俯瞰する映像になります。

「おー、電脳空間で見るとこんな風になるのかー」
と見事に表現されていると思いました。

このシーンで視聴者は
作品に一気に引き込まれると思います。

ここがあともう一歩!というところ

これは僕が個人的に
押井守作品全般に思うところですが

「一度見ただけだとわからんことが多い!」
ですね。笑
同じように思う方いませんか?😅

でも、それこそが
押井 守 作品の味、
特色と言って良いと思うのです。

逆に一度見ただけで
内容もテーマもわかりやすい、
見たあとに、あー面白かった!
で終わる作品は
押井守”らしくない”。笑

と、僕は思っております。

まとめ:ちょっと古いけど今見ても十分面白い!

というわけで
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)
の感想でした。

この作品は
「マトリックス」を作った
ウォシャウスキー兄弟に
大きな影響を与えたということでも有名になりましたね。

日本のSFアニメ作品は
国内より海外で評価を受けるケースが多い気がします。

それとも
国内での評価を僕があまり
目にしていないだけなのかな?

まあ、評価は人がするものですし。
自分が面白いものは
面白いと言えば良いわけですし。うむ。

今見ても十分面白い作品だと思います。
むしろ、
AIが実際に運用され始めている今でこそ、
面白く見ることができるかもしれませんね。

そんなわけで、

ハードでシリアスなアニメって無いかな?
ちょっと古くても良いから、面白いSFアニメ作品を教えて!
人と情報の関わりみたいな社会的な課題を取り扱った作品が観たい!

というアニメーション作品をお探しの方。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995)
はいかがでしょう🙂

Amazon Primeでも見れますよー。

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加