もさく雑記

【給料増えません】仕事は自分でやった方が早い!の怖い罠

どーも。すあんです。今日も模索してます🙂

アナタは普段のお仕事で

  • 自分がやった方が早い!
  • 自分がやった方がうまくできる!
  • 他の人には任せるの難しいんだよな…

こんなふうに思うことってありませんか?
そして結局自分の手で
仕事を済ませてしまったりしていませんか?

それ、実はとても危険なんです。

今日の記事はそんな
「自分がやった方が早い!」の罠についてお話しますね。

この記事が参考になりそうな人はこんな人

・他の人に仕事を任せたいけど、いつも結局自分がやってしまってる…
・仕事がマンネリ化してる。給料も増えてない…。
・仕事を誰かに頼むなんて甘えなんじゃないかな…。

人に仕事を任せられない人は会社から評価されない

人に仕事を任せられない人は会社から評価されない

自分が勝手を知っている仕事を効率よくこなす。
他の人より、速く、うまく、正確に完了する。

アナタ自身も「今回もうまくやれたな」。
周りも「助かるね」
たしかに、悪いことではなさそうです。

しかし、
そこから脱却できないといずれ困ったことになりますよ。

結論を言えば
人に仕事を任せられない人は、
いずれ会社から評価されなくなります。
当然、給料も増えなくなります

なぜかというと、
”作業者”になってしまうからです。

ほとんどの場合、
仕事の中の「作業」に当たる仕事ばかりやっているだけでは
それ以上スキルのレベルは上がりません。

例えばこんなのです。

  • 提案資料の作成
  • 仲が良い顧客との定期連絡
  • お決まりのトラブル対応
  • 事務処理
  • 情報収集
  • etc…

それ以外にも
お仕事によって色々あると思いますが、
ざっくりバッサリ言ってしまえば
アナタが行っている業務の中で
「一人でできる作業系の仕事」
がそれになります。

会社の中で課長、部長など、
役職についている人を
思い浮かべてみてください。
役員や社長でも良いです。

彼らは当然、
一般の社員より給料も多いでしょうし、
責任の大きな仕事も担当しているでしょう。
そして彼らは
単純作業の業務をほとんどしていないはずです。

チームメンバーの誰かに仕事を割り振り、
進捗の管理と、判断、指導、
他部署との調整、
取引先との交渉、
などではないでしょうか。

定型的な業務より
一発勝負に近い仕事、
頭を使う仕事をしていると思います。

管理能力はある日突然身につくもの
ではないのです。

彼らはある日突然、
管理能力を
身に付けたわけではありません。

昇進、昇格する前の段階から
誰かに仕事を任せたり、
頼んだりするスキルを
磨いているのです。

そうして磨いたスキルで、
結果を出し、昇進や昇格を勝ち取っている。

反対に自分の担当業務にばかり集中して
「作業者」でしかない人は
昇進や昇給は難しいと思います。

…なにしろ僕がそうでしたからね。笑

実は今の会社には僕と
ほぼ同時期に入社した人がいます。

その人は順調に昇進、昇格をしていきましたが、
僕は仕事を作業系に集中しすぎてしまったため、
会社での待遇の明暗は分かれました。
そりゃもうはっきりと。笑

彼と僕の差はまさに
「頼むべき人に頼むスキル」
つまり。
「人を使うスキル」です。

役職につく人は
人を使うスキルが無ければ
仕事になりません。

課長や部長のような役職についている人が
現場の仕事ばかりしている職場は
売上や利益が頭打ちになっていたりしませんか?

もちろん現場に出ることも大事ですが、
それは程度問題。

役職に付く人は現場仕事ではなく、
組織運営の大きな視点で
仕事をしないと組織が回らなくなります。

自分が持っている仕事を
誰かに任せたり、頼んだりすることは
慣れないうちは勇気がいることですが、
それでも「任せる」「頼む」ことは
アナタの給料を上げるために重要なスキルなのです。

例外的に、会社だけでなく、
業界でも名が知られるくらい自分の仕事を研ぎ澄ませ、
その仕事のスペシャリスト中のスペシャリストに
なってしまえば希少価値があり、給料は上がります。
しかしはっきり言って、そのような人は超レアキャラです。
三度の飯よりその仕事が好き、
お金出してもその仕事をやりづつけたい、
と思えるくらいでないと厳しい茨の道でしょう。

人に任せたり、頼むのが苦手…。その気持ちは良くわかります。

人に任せたり、頼むのが苦手…。その気持ちは良くわかります。

そうは言っても
「人に任せたり、頼むのは苦手だよ…」
その気持ちわかります。

おそらくですが、
そういう人は
頼むときにこんなことで
ためらっていませんか?

  • 他人の仕事が信用できない
  • 他人の仕事の責任を自分で取るのがイヤ
  • 誰にも気兼ねなく一人で集中して仕事したい

僕個人としては
これら自体が
悪いことではないと思っています。

多分ですが、このタイプの人、

「自分の仕事が好き」
「自分の仕事で評価されたい」
「自分だったらこれくらいまでやる」

というような、
良く言えば自分の仕事にプライドを持っている人。
悪く言えば少々ナルシストをこじらせてしまった人。

なのかもしれませんね。
ご心配なく。
僕もそのタイプです。笑

きっと仕事をやり始めた頃は
一生懸命、誰よりも打ち込んで
仕事をしたのではないでしょうか。

それが故の反動で、
こじれてしまったというか。

僕もWebの仕事に携わった頃、
コーディング、プログラミング、Flash、サーバー構築、
ディレクションまで担当することになり、
正直心身ともに消耗した時期がありましたが、
周りの誰よりも仕事に夢中になっていた時期でもあります。

それ故に
頼んだ仕事を雑に対応されたり、
頼んだことと違うことしてきたりされると
とても気分悪く感じました。

「こりゃ人に頼んでもダメだわ…」
そんなふうに思ってしまった時期もありますが、
ダメダメだったのは僕の方です。笑

何が良いの?人に頼む。人に任せるメリット

何が良いの?人に頼む。人に任せるメリット

では、いったい人に頼んだり、
人に任せるのは何が良いのか?
というところですが、
シンプルです。

・大きな仕事を任せられる
・当然、給料も増える
・チームメンバーの成長が見られる
・管理者の視点がわかる

ということですね。

大きな仕事を任せられる

わかりやすいですね。
人に任せることができると
チーム単位で仕事ができる。

一人より二人、二人より三人、
という具合に関わる人が増えれば
より多く、より高い質の仕事になりやすい。

車の製造だって、
設計、部品、組み立て、整備など複数の部署の多くの人が関わっています。
Webサイト制作でも
一人でデザインからコーディング、保守までやってる人は少ない。
仮にできても、数が回せない。

これをそれぞれ別の人が担当できれば、
仕事の数も増やせますし、
それぞれ特化した技能を持つ人が担当すれば質も上がるでしょう。

当然、給料も増える

大きな仕事をたくさんこなすようになれば
給料も増えるでしょう。

更にいうと、
チームを取りまとめて大きな仕事ができた
実績があればアナタの市場価値も上がります。

転職するときのアピールもわかりやすいですよね。

「○○という案件を○人で担当し、全体の管理をしました」

こんなアピールができれば
面接官にも伝わりやすいですし、
給料も相応の金額を
提示してもらえるのではないでしょうか。

チームメンバーの成長が見られる

任せた仕事を
失敗したり、成功したりしながら
部下や他の人が成長していく様子を見れます。

僕も一応部下になる人を持ったことはありますが、
やはり部下の成長を見るのは嬉しいものです。

知らなかったことができるようになった。
できなかったことがやれるようになった。
話す内容が変わってきて、視座が高くなった。
会社からも評価され部下の給料が増えた。

これは任せたことで得られることです。
やはり名実ともに部下が育つ姿を見るのは
とても晴れ晴れとした気持ちになりますね。

僕はあまりうまくはやれませんでしたが
それでも部下が会社から評価されることはあったので
それが救い(^^;)

管理者の視点がわかる

それまで自分の仕事ばかりに集中していた人が
他の人に仕事を任せると
「人を使う側の視点」が
イヤでも身につきます。

「複数人に同じ方向を向いて仕事をしてもらう」
のは改めてとても難しいことだと思います。

・給料
・仕事内容
・本人が役に立っている実感

これらを満たさないと
人が離れる、
指示を聞かない、
なんていうことはザラにある。

でもそれは人に任せてみないとわからないこと。
人に任せることは
アナタ自身の視点を高くすることにもなるのです。

人に任せるときに気をつけること

人に任せるときに気をつけること

当然ですが、最初から何でもかんでも
人に頼んだり、任せたりすれば
良いわけではありません。

アナタだって会社の中で
さして話したことも無いような人から
いきなり、

「来週までに○○の資料と市場調査やってくれない?」

と言われたら「は?」となりますよね。

そもそも会社から特に指示もなく、
上長にも相談せず、
勝手に他部署や他支店の人にお願いするのは
頼み方としてマナー違反です。

あと、その前にまず自分の仕事は
キッチリ果たしましょう。

自分の果たすべき仕事も果たさず、
ただラクをするために
人に任せたり頼んだりしていると
そのうちに誰も話を聞いてくれなくなりますので
気をつけましょう。

人に任せる、頼む、というのは
自分だけがラクをするために行うのではなく、
「依頼をしてきたお客さんのため」
「滞りなく業務を遂行するためのチームと会社のため」
であることを忘れないように。

せめて自分の仕事は
80%程度、達成状態にある
と良いですね。

人に頼むときのキーフレーズ

人に頼むときのキーフレーズ

とは言われても
いざ人に頼むときって
とっさに言葉が出ないと思います。

僕が自分で試したり、
または会社の中で聞いた頼み方で
「あのフレーズうまいな、僕も使おう」
と思ったものを紹介しておきます。

  • 「○○についてよく知ってるとお伺いしてぜひご相談させてもらえればと思って…」
  • 「○○についてだったら、社内で□□さんが一番なので連絡しました」
  • 「○○で困っているんですが□□さん、これって過去に解決したことありますか?」
  • 「この仕事なんだけど、今回○○さんを抜擢して任せたいと思う。頼めるだろうか」

という感じで、
要するに
相手を信頼して頼みにしていることを
ストレートに伝えることだと思います。

人は信頼されていたら嬉しいと感じるもの。

そうした心理学的な
働きかけも知っていると
助けになりますね。

あとこれは、補足ですが
ちょっとしたお礼も考えておくと
なお良いかも。

たとえば後日会う機会があるのなら
ちょっとしたお菓子とかお礼とか用意したり。
高価なものでなくてOK.

別の仕事を自分が引き受けたりするのもアリ。

他所の部署の人って
案外、アナタが得意な仕事を
知らないことって多いのではないでしょうか?

もちろん最初から見返りを言うのは
あまり印象が良くないと思いますので
頼んだ仕事が完了したあとでさりげなく、
とかが良いと思います。

なんか
モノで釣っているように聞こえますからね(^^;)

注意したいのは、
必要以上の見返りを
求めてくるような人にはこちらから
辞退しましょう。

そういう人は後で何を求めてくるか
わかったもんじゃないので(^^;)

■まとめ:人に頼むことは悪いことでもなんでも無い。というか自分にもプラスあり!

■まとめ:人に頼むことは悪いことでもなんでも無い。というか自分にもプラスあり!

というわけで
人に任せるのが苦手な人のための記事でした。

あれこれ書きましたが、
僕は人に任せるというのは本当に苦手で
仕事を始めてからずっとそうでした。

で、頼むのが面倒でイヤになって
自分で抱え込み、
周りの人もあまり関わらなくなってくる。
最終的に自滅するか、
キャリアパスの行き止まりに
自分から突撃してしまってました(笑)

間違っていましたね。
今から思えば、ですが。

人に頼んだり、任せたりするのは
手間もかかるし、
気も遣うし、大変ですが、
決して悪いことではありません。

むしろ自分の仕事の幅や
仕事の質を高めるための重要なステップになると思います。

ついでにお客さんや周りの人に取っても
速く、質の良い成果物が出せたり、
メンバーの成長につながったり、
良いこともたくさんです。

…僕はアラフォーになって
この事実にようやく気づきましたが(笑)
この記事を読んだアナタは、
どうかそんなことがないように祈るばかり(^^;)

最後まで読んでいただき
ありがとうございました(^^)😊

ABOUT ME
すあん
<好きなもの> 旅行 映画 読書 アニメ ゲーム マンガ WEB ガジェット コーヒー 複業 猫 学生時代、Flashコンテンツを見て感動。「WEBを仕事にしたい!」 と思ってWEBスクールにて勉強、 制作会社に入社して制作に携わる。 いろいろあって今は制作メインではありませんが、WEB関連の仕事しております。 なんだかんだWEBってやっぱり面白い! すあんのプロフィール
記事下部に追加